スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1)

ネットで話題になっていた、「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」の第1巻が発売されたので、買ってみました。

めっちゃ笑った。
なにこれ凄く面白いvv

原作を元に別の漫画家さんが描いているスピンオフ作品なのですが、タイトル通り犯人視点でのギャグテイストな物語です。
原作はシリアスではあるものの結構無茶なトリックとかが多いけど、本作ではそれがネタになってます。犯人たち、実は凄く頑張っていたんですよ!(^▽^)
原作を読んだ当時、「よくあんな怪し過ぎる格好で宿泊出来たな…」とか思っていたけど、その疑問はやはり間違ってはいなかった!(笑)
原作既読者には全力でオススメします。
逆に、原作読んだことない人にはちょっと厳しいかな。ギャグ自体は笑えるでしょうけど、動機とかの詳細がスルーされてますからね。背景を知っていた方がより笑えることは間違いないです。

あと、絵柄が凄いです。原作の該当部分に思いっきり似せてます。懐かしいな。
オペラ座館と蝋人形とではちゃんと絵柄を変えている。凄い!(しかし順番バラバラだな…)
似せようとするあまり(?)たまに体格がおかしいけど、ギャグだからまぁいっか(笑)
原作のさとう先生の絵は随分洗練されて小綺麗になっちゃったからな~。個人的には第一期の中盤あたりの絵が好みです。
……とここまで語っておきながら、実は私、現行のRシリーズの途中で買うのをやめちゃったんですけどね。マンネリ化してたし。
でも完結したらしいので、ちょっと興味沸いて来ました。機会あれば読んでみようかな。
来年からは金田一少年の大人バージョンの連載が始まるそうです。つまり、金田一青年の事件簿? それとも中年??(爆)
明智さんは40歳前後なのかなぁ~。でもあまり老けてなさそうな気がする。
どんな形になるのかさっぱり分からないので今のところ期待より不安の方が強いですが、少年時代とは環境がガラッと変わってるだろうからそれはそれで興味深いですね。はじめちゃん、ちゃんと就職出来たんだろうか…( ̄∇ ̄|||


なんか途中から脱線しましたが、とにかく犯人たちの事件簿は面白かったです。
漫画を読んでこんなに笑ったのは久しぶり。
続きが楽しみですvv
スポンサーサイト

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

超今更だけど、コナン映画20作目の感想です。そろそろ公開終わったかな?
劇場版20周年にあたるので気合入ってるっぽいですね。

では、以下感想。ネタバレです。

続きを読む »


連載再開!?

今更ながら知ったのですが、HUNTER×HUNTERと冒険王ビィトが今月から連載再開していたのですね!!(≧▽≦)

ハンターは2年ぶり、ビィトが10年ぶりだとか…。

前者はその内また復活するだろうとさほど心配していなかったのですが(…まぁいつものことなので^^;)、後者は本当に待っていたんですよ! 全然アナウンスがないから!
10年か。時が経つのは早いものだ(笑)

早くコミックス出ないかな~vv

名探偵コナン「異次元の狙撃手」

先日TV放送してた、『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』を観ました。
劇場版18作目だそうですよー。いつ終わるんだろ…(^▽^;)
以下、てきとーな感想です。


アクションシーンが凄かった!
毎年思うけど、コナンの運動神経の良さに拍車が掛かってます。人間離れし過ぎてて、もはや探偵やめてアクションスター目指した方がいいんじゃないかってくらい!(笑)

映画公開時に話題になってましたが、コナンにスケボーで公道走らせて車を事故らせる演出って、さすがにやり過ぎだと思いました。
今までほとんど事故が起きてない方が不思議ではあるんですけどねー。
事故描写そのものは仕方ないにしても、コナンや目暮警部たちがそのことに全く触れもしないのが不自然と言うか何と言うか……。まるで、自分が原因で多重事故が起きたことについて、コナンが気にも留めていないように見えてしまって残念です(ー_ー#)
多分、事故の描写直後にコナンがしれっと捜査会議に出席してるから、余計にそう思っちゃうのかもしれませんね。今までの功績を考えたら出席は当然なんだけど、「小五郎のおっちゃんに追い出されかけたところを目暮警部に引き止められる」シーンがあったりした方が良かったんじゃないかと…。

キーパーソンのわりには昴さんの出番が少なかったです。
もう長いこと原作コミックスを読んでないので、ぶっちゃけ彼のことはあまり知らない私ですが(赤井さんが『死』んだ頃くらいまでは読んでた気がする)、映画公開時にネタバレ感想読んでしまったので、ラストシーンには何の衝撃もなかったです。まぁ、そもそも死んでないのは分かってましたが(笑)

そう言えば、タイトルの「異次元」って結局何のことだったのでしょうか。
作中では「三次元」の射撃、って説明されてたと思うんですけど…。でも三次元ってこの世界……ですよね? 言いたいことは分かるけど、そんなに強調すべきことなのかしら?
異次元と言われると、時間移動トリックなんかが絡んでくるのかな~なんて期待しちゃいますよ(それは四次元)
それよりも何よりも、犯人がこだわっていた射撃の位置が「横から見て」シルバースターを作るため、ってのが妙に笑えました。
……そういう場合って、普通「上から見て」作りませんか?(それだと「射撃の技術」云々の話にならないんだろうけど…)


う~ん、感想はそんなトコかなぁ……
あまり言うべきことが浮かばないのは、観ていてそれほど盛り上がれなかったせいです。
嫌いじゃないし、観終わるまでそれなりにハラハラできたけど、数日もすれば内容を忘れてしまいそうな感じ。個人的に、そろそろ「コナン映画」のテンプレに飽きて来たからでしょうか(爆)
でも名探偵コナン自体は好きなので(TVシリーズも原作も見てないくせによく言う!)、映画が作られる限りは見続けたいと思っています(〃∇〃)

名探偵コナン 絶海の探偵

・名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)

先日TV放送していたので観てみました。え~と、シリーズ17作目かな?
舞台はイージス艦かぁ……。こういう方面(?)の知識はさっぱりなので、逆に新鮮でした。
──が、専門用語が分からん!( ̄△ ̄;)
まぁその辺は推理に関係ないし、流れで理解しろって感じでしょうか。

とりあえず、以下感想です。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。