スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わかりますか?」

こんなメールが2通(同じのが)届いてました。


送信者: *******_love2_0818@yahoo.co.jp
宛先: *******_love2_0818@yahoo.co.jp
件名: わかりますか?
日時: 2005年06月21日 20:47:09


アドレス変わりました。私わかります?メール下さい。



アドレス変わったら、自己紹介も無しで誰か分かるわけないでしょーに(笑)

スパムメールってのはバレバレだけど、もしこれが本当に知人からのメールだったら、友情(?)を試されてる気がしてちょっとイヤかも…(^^;)

それにしても、一番言いたいのはきっと最後の「メール下さい。」のトコロだろ~な~と思うと、なにやら面白いです(笑)
スポンサーサイト

呪文詠唱?

昨日「記憶」についてのTV番組を見ました。え~っと、とにかく凄い記憶力を持った人とかが出てきたり……そんな感じ(←なんて大雑把な説明だ!)

私の記憶力は多分さほど良くない方だと思われます。あはは~。
人の顔&名前とか店の場所とか誰かの言ってたこととか、さ~っぱり覚えられない。反面、自分の好きなことに関しては、くだらないコトでもずっと覚えていたり♪
番組中でも「好奇心」が記憶させる、みたいなことを言ってたけど、日々ソレを実践してる感じです。……って、つまり私は、他人に興味を持ってないってことなのか(爆)

私、いまだに「平家物語」の冒頭部分(だっけ?)を暗唱できますが……
ほら、「祇園精舎の鐘の声」ってヤツ。でも別に平家物語や古典に興味があるワケじゃないんですけどね(笑)
逆に、昔好きだったファンタジー漫画に出てきた「召還呪文」(結構長い)を覚えちゃったことがあるんですけど、これも今でも暗唱できます。こういう「呪文」とかって、格好良いんだものvv
こっちはまさに好きだからこそ、ですね。覚えてたって、何の役にも立たないのに(笑)


そう言えば私、昔は日本国憲法の前文(の前半)を暗唱できたんですよ~。
受験期にムリヤリ暗記したようなもんですが、それでもしばらくの間は言えたのに…!
ってことで、番組に触発されたのか、昨夜憲法の本を棚から引っ張り出してきてもう一度覚え直してしまいましたvv

……またすぐに忘れそうだけど( ̄∇ ̄ゞ

プリンセスGOLD7+8月号/浪漫狩り#4

え~、まずは先日発売の『プリンセスゴールド』7+8月号の感想(当然ネタバレ)です。

浪漫狩り
遺跡も謎なら、メダリオンの素材もかなり謎なようで…。
でも今までそれらが「何故作られたのか、何のために存在するのか」がさっぱり分からなかったけど、少しずつ役割みたいなモノが見えてきたのかな~と思いました。
記録媒介か……なるほど。ますます非日常的要素が強くなっていきそうですね( ̄∀ ̄)b

一人で“猿渡先生を問い詰める練習”をしていた那珂川さんが可愛いです(笑)
で、とうとう正体をバラすのか!?──ってところで以下次回へ。
猿渡先生自体は以前にちらりと疑ったことがあるから、意外とあっさり受け入れるかもしれません。……う~ん、でも、今まで黙っていたことに対して一悶着くらいあるかな?
次回には多分猿渡先生も「結城レポート」の存在を知るのだろうし、少しずつ物語の核心に近付いて行ってる感じです。あくまで「近付いてる」だけで、まだまだ核心じゃないようですがv(軍の思惑は当分明らかにならないだろうし/笑)


薬師アルジャン
黒幕の話、もうちょっと引っ張るかな~と踏んでたんですが…。そういや前々回の感想で「クラリスは姫の実母だ!」と珍推理をかましたら、やっぱり前回で玉砕してました(笑)

北宋風雲伝
え!?まさかまた振り出しに戻るの!?(引っ張りすぎ) 互いの想いに気付かないのは、本当に当の本人たちだけなのねぇ。

女王様の犬
ぎゃ~~!!隼人兄さまが~~~~っ( ̄□ ̄lll) 天音が「結婚しない」のは彼の死が原因で──ってことになったら切なすぎる。

キウイケツキ
奥さんは子供を……産めないだろうね、やっぱり。しかしハーフな母の出産方法もナゾだ……。





そして、本誌と同時発売だった『浪漫狩り』第4巻(岩崎陽子先生)の感想です。
軍部過去編が収録されているからか、篠原少佐が表紙に初登場!全体的に淡い緑の色合いが綺麗ですねvv
……でもこの位置関係だと、バックは猿渡先生より那珂川の兄さんの方が似合うような……(猿渡先生と篠原さんはまだ面識ないはず/笑)

中身については本誌感想で既に語ってるので、あまり言うことは無……いや、有った(笑) 書き下ろしで何枚か追加されていたのが嬉しかったです!やっぱりページ数の関係で、掲載時に省かれてしまうこともあるようで。
本誌読んでて「…ちょっと展開が早い??」と感じた部分も、コミックスではちゃんと補完されてました。ラフ画集のインフォも載ってたしv(喜)

ルパン三世・今年のテレスペ

金曜ロードショーのHPにてTVスペシャル情報が発表されたことを知り、思わずルパン仲間にお知らせケータイメールを送りまくってしまいました(笑)
(情報源:紫緑さんのブログ。全然チェックしてなかったので知りませんでした。ありがとうございます♪)


──と言うわけで、後追いですが先程金ローHPを見て参りました~vv
(…出先だったので、自分で確認出来なかったのです…:;)

ルパン三世SP
天使の策略(タクティクス)
~夢のカケラは殺しの香り~


7月22日 夜9:03~10:54放送。



う~ん、ルパン界ではサブタイトルを付けるのが流行ってるのでしょうか?
去年もやたらと長いサブタイトルが付いてたし、正直、同じ流れっつーか続きっぽい感じがして何だかイヤなんですけど…(ん?タイトルが「ルパン三世」だと、その他は全部サブタイトルになるのか?)
「天使の策略」だけでも充分カッコイイと思うのに。勿体ないなぁ(;^_^A

そして肝心のあらすじを読んで、思いっきり脱力(爆)

なんかもう、女キャラ出しすぎだよ~!!( ̄□ ̄lll)
ゴエはまたもや修行に出てしまうし、その先で女キャラの一人と出会うし、

……思いっきり不安だ。
(テレスペ五右ェ門・暗黒期の悪夢、再び到来か!?)


ちなみに、金ローの「ストーリー」は例年通りとんでもなく詳しく書いてあります。
ネタバレが気になる方は、お読みにならないことをオススメします(笑)


なんだかんだと言っておりますが、もちろん当日はちゃんと見ますよ。
年に一度のお祭り日ですものvv(願わくば、面白い作品でありますように!)
ただ個人的に問題なのが、金曜日は帰宅するのが遅いんですよね~。ダッシュで帰ってもギリギリ冒頭5~10分ほど間に合わない可能性が。
あわわ、どうしよう……(@@;)

何事も経験

テンプレコンテストの結果が発表されてました。
うっかり投票受け付けは6月一杯だと思い込んでいたため、私自身はあまり投票できず。う~む、抜けてるなぁ。

とにかく入賞された方、おめでとうございますvv
そして、ウチのへなちょこテンプレへ投票してくださった方、どうもありがとうございます~o(≧∇≦)o
獲得票数はだいたい予想通りの数でした(笑)
まぁこれに懲りずに、また別のを作ってみたいなぁ(その前に、CSSを勉強し直さないと:;)


■FC2ブログユーザー限定でトラックバックテーマってのが始まったようです。
色々企画があると、ユーザーとしても嬉しいですね。次はどんな企画を…!?と想像する楽しみもあったり(^^)

エンジェルハート#15

『Angel Heart』第15巻(北条司先生)、出てたんですね~。
昨日本屋で見掛けて初めて気付きました。
何故かAHは発売されてから知るパターンに陥ってます。おかしいな、毎月新刊チェックしてるつもりなんだけど…(;^_^A

そんなワケで、以下感想。

ジョイの話、なかなか引っ張りますね~。
ミキちゃんが「付いていく!」とか言い出さないかヒヤヒヤしてましたが、そんなこともなくお別れ。…いや、2人にとっては「別れ」ではないか。
ジョイが国王とミキの母が出会った店のことまで知ってるなんて、ちょいと話が出来過ぎだな~と思いました。出来過ぎと言うより後付けっぽいかな。だって、ミキを探すなら普通は真っ先にその店に行くと思うんだけど…(^^;)

アナウンサーの話には、ちょっとモヤモヤしました。
香螢が彼女に協力しようとするなんて~!ショック!リョウには香しか居ないでしょ!
…と思ったけど、普段から美女の間をフラフラしてるからなぁ、リョウってば。そんな節操無いっつーか情けない姿を見てたら、そりゃあ「特定の人」を作って貰いたくもなるかも……。
ま、いくらリョウが誰かに靡いたとしても、リョウにとっての一番は香ちゃんだけってのは香螢が一番よく分かっているはずですけどね(でも寂しい…)

それはそれとして。
北条先生~!AH読んでて毎回思うんですけど、女性が!ゲストヒロインが!全然見分けが付かないんですけどぉ~~!!(爆)
髪型も似たようなロングが多いし、「あれ?これ誰だっけ(見覚え有り)」と思ってたら実は新登場キャラだったり、とか。
シティーハンターの時にはそんなこと思わなかったんだけどなぁ…。何故だろ。


……ふぅ。
そろそろAHを読むのが個人的にしんどくなってきました。
別にCHのパラレルだからだとか、香ちゃんが居ないからだとかが理由ではなく(その辺はもう諦めました^^;)、なんかね……私が求めているモノと違うんですよ。
AHは良い話が多いです。毎回感動します。泣いちゃったりもします(笑)
でも、CHの時ってそこまで感動系ばかりじゃなく、ギャグもそこそこあって、笑いあり涙ありのバランスの良い作品だった気がします。つーかむしろ、中期までは笑い重視だったかも(笑)
AHはCHとは別作品だし、違う路線で行くのも全然おかしくはないけど、CHファンだった身としてはやはり「関連作品」として同じモノを求めてしまうのです。少なくとも私は。
それに前にも言ったように、AHは「読者を泣かそうとする意図」が感じられるのが、ちょっとねぇ…(⌒-⌒;)

まぁ香螢の今後が気になるので今のところ読み続けるつもりですが、あとどれくらい続くのか気になります。今回香螢が18歳になっててビックリしたんですけど、20歳の節目でラストとか、もしくはもうちょっと続けて香螢の結婚式(相手は信宏?)でラスト、とか想像してます。香螢が死んでラストってのは是非とも避けて頂きたい所存(でも、ラストで香が消えるんだろうな~…:;)
そー言えば香螢は免疫抑制剤を使っているんだっけ。くしゃみの話で、今更ながら彼女の今後が心配になりました。今は元気でも、この先は分からないんですよね…。


それにしても、香螢は大人になって構わないけど、50代のリョウは見たくないです(苦笑)

[blue_line]絵文字の表示ズレ修正

ウチのへなちょこテンプレート[blue_line]について……
スミマセン!またまた修正しました~~!!(何度目だよオィ)

FC2ブログが絵文字対応になったのですが、そのままだと絵文字入れてもその画像の直前に自動で改行が入るようなのです。
え~…どうやら、画像が左寄せ表示指定になっているからみたいですね。

これを防ぐには、CSSの編集部分に以下を挿入してください。
(「.mainEntryBase img{~}」よりも下であればどこへでも^^)

img.emoji {
margin: 2px 2px 0px 2px;
border: 0px;
background: none;
float: none;
}



マージン値とかはお好みで変更してください。


……なんだかこんな調子で、FC2さんが新たな試みをする度に新たな不具合が出てきそうな気がします……(;^_^A

「いま大丈夫ですか?」

久々に知人偽装メールが届きました。

送信者: poohsan***_hachimitu@yahoo.co.jp
宛先: poohsan***_hachimitu@yahoo.co.jp
件名: いま大丈夫ですか?
日時: 2005年06月06日 12:09:33


久しぶりです!私のこと覚えてる?いま電話大丈夫ですか?



「いま大丈夫か」どうかを、いつ開くか分からないパソコンメールに送ってくるとは……なかなかのツワモノですねぇヽ(  ̄ー ̄)ノ

最近迷惑メールが少ないので、晒し甲斐がなくて寂しい今日この頃…(笑)
明かにどこかの業者からと分かる広告メールは相変わらず多いんですけど、そんなのをここで載せても面白くないですし。
まぁ、こんな紛らわしいモノは届かないに越したことはないですけどね(^^ゞ


てゆーか、いつの間にかFC2ブログに絵文字機能が付いてるー!
早速テストテスト


※追記
ありゃ、絵文字の位置がズレとる…。
※更に追記(05/06/12)
絵文字入れると直前に自動で改行が入ってたので、修正しました。まだ微妙にズレてるけど、まぁいっかv

『水戸黄門』第20話(第34部・最終回)

さてさて、昨日はついに『水戸黄門』第34部の最終回でした。

第20話「恐怖の吊り天井!」(2005年6月6日放送)

ラストっぽく(?)御老公大ピ~ンチ!!
若殿を亡き者にしようと画策する宇都宮の家老と、それを唆して御老公に刃を向けさせようとする柳沢吉保と、巻き込まれてからくり部屋に閉じ込められた御老公一行と──
緊迫感の有る状況に、結構ハラハラしながら見てました(絶対に助かるのは分かってますけどね~/笑)
次第に迫り来る吊り天井に、中に居る格さん助さんにはどうにもならず、仕掛けの解除がアキちゃんの手に委ねられたってことが(物語的に)良かったと思いました。お娟姐さんも鬼若も、敵との闘いで手一杯みたいだったし。…やっぱり最終回の敵は普段より手強いのね(^^ゞ

あ~、でも御老公、いくらなんでも無防備過ぎですよっ!
八重さんが人質に取られていたからとは言え、「人を殺める仕掛けがある」と分かっている場所に、何の対策も取らずにのこのこと出向くとはっ!!
しかも敵の家老が部屋から出て行こうとしても、格さんも助さんも座ったまま。ちょっと、危機意識が低過ぎやしませんか~?
(…でもよく考えたら、向こうはご家老様でこっちは表向き越後のちりめん問屋一行なんだよねぇ。一緒に立ち上がるわけにはいかないか……いや、でもそんな場合でもないんだけど…^^;)

そう言えば、お娟姐さんが男装してましたね。凛々しかったけど、どう見ても「男装した女性」なんですけど(笑) まぁ、人と顔合わしたわけじゃないからあれでも良いかv
ラストで母上に甘える助さんとか、また旅日誌を書きたそうな(笑)格さんが面白かったです。


う~む、旅ももう終りかぁ…
きっと来年にでも同じメンバーで第35部が始まるんだろうけど、毎週見ている数少ない番組(!)が減ってしまうので寂しいな~…
次シリーズでは絶対アキちゃんが更に大きくなってるだろうし。
とにかく、御老公様たちお疲れ様でした~(〃∇〃)

書斎があればなぁ…

■いいかげん本類が溢れかえってるので、部屋を整理しようかと昔買ってたアニメ雑誌を棚の奥から引っ張り出してみました。
別に定期購読してたワケじゃあないんですけど、あの頃はよくアニメを見ていたからなぁ…。好きな作品が特集されていると嬉しくて、ついつい買ってしまったり♪(笑)

そんなワケで捨てる前にパラパラめくってたら、『ルパン三世』の記事を発見!
TVSP「1$マネーウォーズ」がDVD化された時の紹介っぽいです。別の記事目当てに買った号だったので、さっぱり気付いてませんでした(つまり目当てのページしか読んでなかったらしい)。あわわ…ルパンファン失格!(;^_^A
でもその記事、他に「ワルサーP38」と「トワイライトジェミニの秘密」の紹介もしてるんですけど、その画像が入れ代わっているんですよっ!
やっぱり一般人(?)は気付かないものなのかしら…。ファンは目ざとい、とも言えますが(笑)

久々にマネーウォーズが見たくなっちゃいました。これ、ルパンTVSPの中でもかなり好きなんですよvv
経済問題が絡むのでややこしかったりしますが、そういう頭使うストーリーが好きな方なので。ゴエファン的にはちょっとアレな作品ですけどね~(^^;)

ちなみに、残ってるアニメ雑誌なんか数は知れたもの。それより、コミックスの山をどうにかしないとなぁ……
基本的には好きな本しか買わないし、買ったからには何度も読み返すほどの漫画好きなんですが、置く場所があまりないので段ボールに詰めての放置状態。
本当は全部置いておきたいくらいだけど、さすがにそろそろヤバくなって参りました。……一体、現在何百冊あるんだろう?(苦笑)

つくづく、自分専用の書斎が欲しいな~と思ってしまいます。


■本誌『冒険王ビィト』が今月(7月号)は休載だそうです…(ガーン)
コミックス派につき本誌は読んでないんですけど(ネタバレはつい読んじゃうけどね/笑)、月刊連載だから1回休むとコミックス発売もますます遠退いてしまうのに~(><;)

なにやら作画の稲田先生がお怪我をなさったそうで。一刻も早く良くなられることを祈っております!!(でもご無理はなさらずに…^^;)

テンプレコンテスト投票開始

あ、そうだ。
すっかり忘れてましたが、FC2ブログのテンプレートコンテストの投票が開始されてますね。
本当は募集期間中にもう一つテンプレ登録するつもりだったんですけど、登録どころか作り始める時間すらなかったので結局断念。
ま、どのみちシンプルタイプなので、票が入るかどうかもアヤシイ代物になりそうですが(笑)
折角なので、いずれは作成するつもりです。

ウチの[blue_line]の個別投票ページはこちらです。誘導OKらしいので、とりあえずリンクv
恥ずかしいのでさすがに自分じゃあ投票しませんが(笑)、気が向いたら投票してやってくださいね。もちろん気に入ればの話ですが、1票も入らないってのもそれはそれで寂しかったり…( ̄∇ ̄ゞ


余談ですが、さっき初めて(投票開始後の)コンテストページに飛んだら、「ランダムピックアップ」の中に自分のが入っていてビックリ。応募総数261コ中の16コだから、最初のヒットとしては結構な確率かも……?(笑)

フルーツバスケット#17

発売から日が経っちゃいましたが、『フルーツバスケット』第17巻(高屋奈月先生)の感想です~(^^)

ここ何巻か停滞気味(…いろんな話は出てきたけど、“呪い”に関する大元のストーリーが進んでいなかった、という意味で)だったけど、今回は大きく動きましたね。俄然、興味が戻ってきました!(笑)
でもその前に──

何なんですか、あの巻頭キャラ紹介&あらすじページは!!

うっかり慊人の所を真っ先に読んでしまって、自分の知らない事実が載ってたもんだから、1巻買い損ねてたのかと思っちゃったじゃないのさ~( ̄ロ ̄|||)

そんなワケで、以下ネタバレです。




まさか、慊人が女性だったとは!!

いやぁ~もう、全然気付いてませんでしたわよ私は。
でも思い返してみると、フツ~に納得できるのが不思議。
そっか、女性だったから、いつも十二支の女のコたちを傷付けてしまっていたのね。神である自分を差し置いて“女性”として愛されている彼女たちを、無意識に(?)羨んでいたのね、きっと。
女のコだと分かって、慊人のことがちょっとだけ好きになりました。……いや、今まで疑いもなく男だと思ってたから、十二支の男性にばかり執着する慊人が……つまりその、そーゆー趣味の人なのかと思って好きになれなかったわけです、ハイ(;^_^A

紅野は呪いから解放されてたのかー。鳥に変身して飛んでるところを見てみたかったので、ちょっと残念。
呪いや将来のこと、神と動物たちの関係、今日子さんの死因……いろいろと気になる謎が残っているけれど、今回更にそれが増えてしまった感じです。慊人の両親(多分)のこととか、慊人を男として育てようとした思惑とか。
終息に向かいつつも、まだまだゴールが見えてこない気分です。
どーでも良いけど、高屋先生の描かれる「中年」(のはず)の人たちって、どう見てもものすごく若いんですけど…。慊人とレンさんがとても母子には見えない(笑)

次巻も気になります~v(特に依鈴の命運が!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。