スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン三世TVSP…?

今年のルパン三世テレビスペシャル第18弾のサブタイトルは、『セブンデイズ・ラプソディ』だそうですよ!(Pさん、いつも情報サンクスですv)
公式発表はされてないみたいだけど、検索で既に結構引っ掛かってます(笑)
まだ本決定じゃないのかな?放送日も分からないし。

「ラプソディ」って何だっけ……?
と思って調べたら、「狂詩曲 : 自由な形式により、民族的または叙事的内容を表現した器楽曲」だそうな。
7日間の狂詩曲??
う~ん、一体どんなストーリーになるんだろ。

とにかく、今年こそは(←強調)印象に残る面白い作品になりますように!!
去年のなんて、もうさっぱり覚えてませんよ(オィ)

さぁて、いつも通り“期待半分不安半分”で詳細を待つとするか…(^^;)
スポンサーサイト

功名が辻 第25回「吉兵衛の恋」

な、なんか……とんでもなく中途半端なところで終わってるし…!(;^_^A

吉兵衛の恋かぁ。
視聴してる身としては、互いに「恋愛」と言えるほどの感情はまだ持っていないような感じがしました。たきは吉兵衛のことを「父親」と重ねて見ていたわけだけど、それがそう簡単に「嫁に貰って欲しい」と思うようになるものなのかな…?
反対に、男としては若い女性が気になるものかもしれませんけどね(笑)
……え~つまり何が言いたいかと言うと、千代が先走りすぎなのではないか、と。世話好きの千代らしいと言っちゃあ、らしいんですけどね~(^^;)

お市が勝家の元に輿入れしましたね。
そして、葬儀が盛大に執り行われて、信長様は既に過去の人となってしまわれました。回想シーンも無かったし!(そりゃあ出番無くなるのは当然だけど/笑)
正直言って、今回あまり観る気が起きなかったんですよねぇ……気の抜けるサブタイトルのせいもあるけど。やっぱり、信長や光秀が居たときの緊迫感のあるやり取りが好きだった!
まぁ、もちろん今回だって、観始めたら普通に楽しんでましたけどね( ̄∇ ̄ゞ

ところで、だんだん秀吉に肩入れしたくなくなってきたのは何故だろう…
“主役側”の人間なのになぁ…(苦笑)

エンジェルハート#19

今回は、1巻まるごと香螢の結婚(するわけじゃないけど)話でしたね~。
日本に来た当初は恋愛感情をさっぱり理解出来なかった香螢だけど、信宏と白蘭とのことでヤキモチ焼いたり、信宏の自分への想いを知った上でからかったりとか、そういう方面のことも解かるようになってきたのを見ると、ようやくフツーの女の子になれたんだな~と微笑ましくなります。
……いや、それ以外では全く普通じゃないけどね(笑)

ところで、一つの話ごとに香(の幻影)を出現させてるわけだけど、これだけシリーズが長く続くと、ちょっと出しすぎなんじゃないの~?と思ってしまいます。
主要人物(?)の一人だから出さないわけにはいかないだろうけど、毎度毎度ゲストキャラが“香の存在”を感じるってのも……ねぇ?
香のことを聞いても、最後まで信じない人が居ても良いような気がするんですけどねぇ。もしくは、「この人には教える必要は無い」と香螢たちが判断して何もしゃべらずにいたけど、ゲストキャラが自分で香螢の様子がいつもと違うことに気付く(でも理由は解からないまま終わる)とか……そういうイレギュラーな回がたまにはあって欲しいなぁ…(^^ゞ

香の幻影と言えば。
マオまでが香を「見た」ことにビックリしましたよ私ゃ。視覚的に“香の存在”を解かり易くするために香を描いているだけであって、ゲストキャラには実際見えてるわけじゃないと思ってたのに。リョウたち香をよく知っている人間なら、香螢と香を重ねて見てしまう(見えてしまう)ことはあってもおかしくないけど、マオは香の顔すら知らないのに!
つまり、本当に「見えた」ってことになりますよね~。……それってどうなのよ(;^_^A

──と言うわけで、肝心のストーリーの感想を書かないまま終わりますv(オィ)
ちなみにアニメは0話(始まる前の紹介番組)以降全く観てません。今一体どのあたりをやってるんだろ…?

警視庁捜査一課9係

先日水曜で放送終わっちゃいましたね~、9係。
実は私がこの番組を見始めたのは、3話目からです。
いやぁ、めっちゃ面白いじゃないですか。思いっ切り後悔しましたよ。なんで初回から見なかったのかと!
もともと刑事ドラマは好きなのに~(でも最近全然新作見てなかったけど^^;)

初めて見たときオッと思ったのが、普通の刑事ドラマとちょっと形式が違うな~ってところ。
事件は1話完結なのに、刑事たちのプライベートシーンはシリーズを通して一つの大きな流れになっているんですよね。ちょっとずつ親密になる人たちもあれば、すれ違いが大きくなっていくカップルもあり。そこだけ観れば、普通の続き物のドラマと同じ。

それと、こんなチームワーク皆無の刑事ドラマ見たの初めてですよ私は!(笑)
皆好き勝手に捜査を始め、重要な情報が伝わってないこともしばしば(もちろん最後にはそれぞれ上手く絡まるわけですが)。その際たるお人が、肝心の係長だったりするわけで。
渡瀬さんの係長、好きだな~vvいつも飄々としてて、何考えてるかイマイチ分からない“変人”だけど、それが良いのだ(笑)
てゆーか、係長に限らず、メインキャストがやたらと個性的!皆よくキャラが立っていて、そんなところも観ていて楽しかったですvv

あー、終わっちゃって寂しいな。
やっぱり全10話って短いですよ~(><;)
でも、続きを作れそうな終わり方ではあるんですよね。
倫子ちゃんがパリ留学に行っちゃって、浅輪君とは“お友だち”のままになっちゃったし、主任と小宮山さんとの間も曖昧なまま……
おまけに、倫子と係長はきちんと和解したわけじゃないし。ま、ああいう終わり方が、気の強い彼女らしいとは思うけど。
……でもなんだか続編を作ることを前提に終わった気がするのは、私の気のせいかしら?(笑)
とにかく!また9係の皆に再会出来ることを祈りつつ、来月からの舘さんを楽しみにしてま~すv( ̄∀ ̄)b

功名が辻 第24回「蝶の夢」

OPのスタッフロール見てビックリしましたよ。
先週本能寺の変をやったばかりなので絶対に回想シーンがあるだろうとは思ってたんですけど、まさか舘信長様がトリだとは。しかも「(回想)」の文字付きで、ちょこっとだけしか出て来ないにも関わらず……さすが上様!(笑)
でも今後はこういうのも大幅に減ってしまうのでしょうね。下手すると、今回のがラスト出演だった可能性もあるし。作中で死亡したんだから出番なくなるのは当たり前なんだけど、やはり寂しいです…(><;)
光秀の出番もあっという間に終わっちゃったし…(サブタイトルが関係あったのって、ここだけ?)

さて。今回の注目どころと言えば、やはり幹部会議(違)でしょうか。
公式のあらすじ読んで、また松寿丸の時みたいに“いつの間にか千代が三法師を預かっていた”展開なのかとハラハラしたけど、そんなこともなく良かったです。…って、よく考えると千代の立場で信長の嫡孫を預かれるわけないか(笑)
実権を狙っている秀吉が仕組んだことだから、たった3歳の子に跡目を継がせるなんて!とつい思ってしまうけど、当時としてはもっともな意見だったのでしょうねぇ。少なくとも三男を推すよりは。
猿を嫌いまくってるお市が勝家の元に嫁ぐことになったし、はてさて、今後秀吉はどう動くのか…。

ところで、とうとう城持ち(城番)になれると大喜びで準備してたのに、上の事情でチャラになってしまった山内家。それを伝えに来た秀吉の謝り方もさることながら、ショックのあまり呆然とした表情のまま固まってしまった一豊にも笑いました。“運の良い”一豊だけど、終始幸運に見舞われているわけではないようです(笑)

プリンセスGOLD 7+8月号

・浪漫狩り(岩崎陽子先生)

【本編】
けい君に銃口を向けられた犬神のことで、前号の感想
> けい君が無意識に外すか(無理かな?)、少佐が命令を取り下げるか(これは無さそう?)、誰か(岩槻さん)が割って入らない限り犬神が助かることは難しそう
…と書きましたが、正解は3番目でしたね。
でも急所を外れたとは言えど、しっかり被弾してしまったようです。しかも、扉絵での出血量が──っ!?(汗)
後半で再登場した時には思わずホッとしちゃいました(;^_^A

しかし引き金を引いた当のけい君には、全く表情の変化は見られず。完全に自我を手放しちゃってますねぇ…。
でもそんなけい君の状態を猿渡先生が知ることになったので、今後の先生の動きに要注目です。早く、泣いたり笑ったり怒ったり拗ねたり、クルクル表情の変わる可愛い(!)けい君に戻って貰いたいです。……な~んてこと言ったら、本人はますます拗ねそうだけどv(笑)
いやでもマジで、今の彼を見てるのはツライですよ。前々から「真実を知るために地獄へも行く」覚悟は決めていたし、「神託」を受けることを承諾したのも自分の意思でだろうけど、その結果「ああなる」のを知った上での決断だったのだろうか?と。そう、猿渡先生も気にしてるように…。

てゆーか、最大の危険人物(つまり敵)は、宮様ではなく篠原さんだったのですね!
いろいろ思惑がありそうなので、「世界を終わらせる」発言を額面通りに受け取って良いものかはまだ分かりませんが、猿渡先生を眼前にした時の、あの虚ろな表情……。目的のためなら、今まで以上に何でもやらかしてくれそうな感じです(^^;)

何はともあれ、犬神が助かって良かったです。
しかも猿渡先生と組むことになるとは!うぉぉ~vv燃える展開だ~!(萌えではない/笑)
じゃあ次回からは、ちゃんと犬神“さん”と呼ばなきゃね。もう敵じゃないんだから( ̄∀ ̄)b


【浪漫狩りZERO】(別冊付録)
『少女帝国』時代、つまり現在の浪漫狩りの前身にあたる物語が付録で付いてきました。
3話目は『羅符2』で目にしていたけど、今回は1・2話が収録。現在とは微妙にキャラ設定とかが違うけれど、それはそれで面白いですv
那珂川さん(…「けい君」の愛称は出て来ないので、こっちではそう呼べない/笑)が早々に正体バレしてるので、軍人として猿渡先生に協力している姿が新鮮でした。ちゃんと専用デスクがあって上役っぽいので、現在の下っ端けい君とはちょっと印象が違う感じ。……いや、階級は同じなんだけどね(^^ゞ
岩崎先生があとがき(←書き下ろし♪)で仰っている、第2話のその後が気になります。でも一度婚約者の自分よりも「浪漫」を選んでしまった人に、再び付いていく気になるのかなぁ~?……だからきっと、猿渡先生に助力を仰ぐんでしょうけど。う~ん、見てみたかった!



・縛り屋小町 … 新連載。3人の陰陽師たちが払っている「代償」とやらが気になりました。いずれ出て来るでしょうけど。あと、一人だけ紹介の無い綾兄の本名とか。子供姿になっちゃったチコだけど、高校はどうするんでしょうねぇ?赤い糸が見えるようになった理由もまだ分からないし、次号が楽しみです。…そういや綾兄ってば、何気に睫毛が長いのね(笑)
・薬師アルジャン … ひえぇ~。いつにも増して内容詰め込みすぎな気がするんですけど!個人的には姫はロルカと結婚して欲しいなぁ。アルジャンが嫌いなわけじゃなく、元奴隷の彼が姫と一緒になれるわけない(もしそうなったら説得力が無い)ので。ただ、アルジャンがどっかの王族の子だった!?とかなら別だけど。…この作品なら有り得そう(笑) ところで、コルダを使ったのはもしやベアゾル国王!?(ダオ兄の懸念を見るまで気付かなかったよ…)
・キウイケツキ ドラキウイラ … 凄い握力だ!
・人魚岬の異邦人 … オチや流れがバレバレだったなぁ。去っていった男はどうなったのでしょうか。無事に(!?)死ねたんだろうか。
・HATANAKA AIの劇場 … ホントに、プリちゃんが死んじゃったらどうなるんだろこの人は(^^;)
・解体風韻録─沈黙の守護者─ … 折角の「解体屋」設定なんだから、1話の時みたいに“普通の人には解体できないもの”を解体すれば良いのに。どーでもいいけど、てっきり婆さんかと思ったら…(爆)
・黒と黒のオセロ … いくら一卵性双生児でも、絶対身代わりってことバレますよね~(生きてきた場所が違うんだから)。最初から時間稼ぎ目的だったのかな。あと、兄貴の性分は育て方(育った環境)のせいじゃないかと。

功名が辻 第23回「本能寺」

終わりましたねぇ……。

全体的な出来には特に言うことはないんですけど、本能寺の変の描写がちょっと短過ぎやしませんか…? このサブタイトル見たら、30分くらいまでは信長が生きてるかと思っちゃいましたよ(;^_^A

そんなワケで、想像してたよりも信長様の出番が少なくて残念です。
あぁ~でも、「暫し相手をしてつかわそう」とか「是非に及ばず」とか、覚悟を決めた時のシーンが格好良かったなぁ。もちろん銃を構える姿もvv(命中率高過ぎ!/笑)
お濃とのやり取りも良かったです。信長の「あの世でまみえようぞ」(だっけ?)と、それに対するお濃の「殿は地獄、私は極楽…云々」が特に印象的でした。この本能寺に来て初めて、二人は心を通わすことが出来たのかな~と思うと。
ただ、小太刀を振るうお濃が強過ぎるのはどうかと思いましたが(笑)
信長の最期は……被弾して呼吸器系をやられたんでしょうかね、あれは?
うっすら笑みを浮かべつつ自刃に臨む姿を見て、多分信長は光秀のことを恨んでもないし、自分のやったことを後悔もしてないんじゃないかな~と感じました。

そして信長の死が味方勢にも伝わり……
秀吉のあの「泣きっぷり」が本気なのかどうか迷いました。笑ってるようにも見えたし(苦笑)
でもまぁ、最初にも書いたけど、やっぱり本能寺描写が短くて全体的に駆け足感がありましたね。
だからこそ、ラストで階段上る信長(←一豊のイメージ!)が出てきた時にはビックリしたし、思わずジーンとしてしまったわけで。本当に重要人物が逝ってしまったんだな~、と。
……あれ? 上に昇るってことは、信長様は極楽に行けたのかしら??(笑)

なにはともあれ、舘さん、半年間お疲れ様でした~!!
次週からは回想シーンでの御出ましをお待ちしておりますv( ̄∀ ̄)b
(はっ!今回主役夫婦のことを何も書いてない……)

つれづれ

またもや更新速度が鈍っております。
年内は何かと忙しいので、大河感想ばかりが続くことになりそう…(これだけは意地でも続けたい!/笑)


とりあえず近況(?)羅列。

・大河『功名が辻』、明日はいよいよ「本能寺」!
 ドキドキドキドキ……

・月曜の『特命!刑事どん亀』と水曜の『警視庁捜査一課9係』も観てます。
 (何気に刑事ドラマ好き)
 でもどっちももうすぐ終わるみたいですね。終わったら感想書こっかな。

・後番組は、『水戸黄門』第36部と、舘さん出演の刑事ドラマ『PS-羅生門-』だそうで。

・そう言えば、関西でも水戸黄門の再放送が再開されました。本当に久々だ!
 現在第28部(佐野御老公の最終シリーズ)を放送中。
 飛猿やお銀が出てくるから嬉しい…(*^^*)

・来週からスカパーで『刑事貴族』がまた始まるのに、ウチでは観れない…(涙)

……あら?なんだかドラマの話ばかりになっちゃいましたね。
普段あまりドラマ観ない人間なのに(笑)

功名が辻 第22回「光秀転落」

冒頭の「秀吉たちによる一豊の奮闘ぶり実況生中継」に笑いましたv
……かと思えば、段々と重苦しくなってゆく作中の雰囲気……。

相変わらず一豊は読みが浅いようですが(笑)、それを分かった上でいちいち説明付きで手紙を託すとは、やはり未だ秀吉のお気に入り(=利用価値が高い?)であることには間違いないようです。
それにしても信長による光秀への酷い仕打ちは、千代や秀吉までが言うからには、「競わせる」のが真の目的なのでしょうか。秀吉相手の時とでは上様の態度が全然違うので、一豊の率直な考えの方が納得いきやすいんですけど…(苦笑)
でもまぁ、確かに信長が光秀を心から嫌ってる風には見えないんですよね~。時に性格に苛立つことはあっても、能力を買っているからこそ今まで側に置いてたわけで。もし光秀が秀吉のような飄々とした(甘え上手な!?)性格だったら競わせるにしてももっと別な手段を用いただろうし、やっぱり光秀が融通利かない人間だからこそ、ついついやり過ぎてしまうんだろうな~とも思ったり。えぇい、このイジメっ子め!(笑)

……なんか他にも見所がたくさんあったのに(45分がとても短く感じるくらい!)、どうしても信長や光秀のシーンばかり思い浮かんできちゃいます。
なにしろ来週は本能寺の変。意識するなと言われても、そりゃあ無理ってもんですわ(笑)
天守での、信長が光秀を見下す──上から睨み付けるシーンは、いつにも増して鬼気迫るものがありましたね。素で「怖ッ」と思っちゃいましたよ( ̄∇ ̄ゞ
お濃との語らいは、久々にほのぼのとした雰囲気でしたね。お濃が無理に諌めようとするのをやめ、また、信長もほろ酔い気分で機嫌が良かったからでしょうか。怒涛の次週へ向けての“つかの間の幸せ”みたいな感じで……あぁ、ホロリ。
(一方、六平太の知らせにより光秀謀反を知る千代。忍びが知己の間柄だと、こんなに情報通になれるのか/笑)

さてさて、いよいよ運命の本能寺。
予告観て「信長様カッコイイ~♪」なんて言ってる場合じゃありませんことよ(爆)
公式サイトの本能寺特集はえらい熱の入れようだし(主役が信長に見える…!)、気合入れて来週放送に臨むつもりです。……でも、寂しいなぁ…(><;)

心臓耐えない?

しばらくメールボックスを覗いてなかったら、迷惑メールフォルダに100件ほど溜まってました(笑)
最近の迷惑メールって、件名が「ありがとうございます」だの「ご無沙汰してます」だの相変わらず知人装い風なのが多いけど、開いてみたら中身は思いっ切り出会い系サイト紹介だったりするんですよね~。
一時期は、間違いメール装いでメール交換から始めてサイトに誘導……というパターンが多かったものだけど。詐欺で訴えられないように、最初から広告メールであることを明示してるつもりなのかしら…?
件名が普通(?)なのは読まれる前に破棄されるのを防ぐためだろうけど、内容と全く合ってないのが笑えます。必死だねぇ…( ̄∀ ̄)
何にせよ、どうか皆様もお気を付けて!


そんなワケで、特別に晒すほど面白いメールは最近届いてないんですけど、微妙にヘンなのを見付けたので載せてみます。


送信者: " Abbott" <xghhd******@yahoo.com>
件名: 響子です.
日時: 2006年05月29日 04:21:52

指名者  響子 32歳 Eカップ ID【******】です。
お疲れ様です!今日初めて指名を受けた貴方に2ショット専
用VIPルームをご用意致しました。
彼女から『離婚してから2年です。一人暮らしの部屋で待ってます。
今二つの美容院経営してますので、、お金を余してます。
逆◎OKです(^0_0^)』
というメッセージが入りました。
指名を受けた貴方の専用ルームナンバー【***】です!

専用キー  http://www.****.com?*****

注:ニックネームの最後に【***】をつ付けていただければ、す
ぐ連絡取れるよ。

しかも過激写メ交換自由!彼女十分な前金を払ったため二人で邪魔
されずゆっくりできますよ。響子はとっくに待っているから、ど
うぞ、御出でください。


個室で心臓耐えない方お大事に



拒否 ********0002000@yahoo.co.jp



後半の言葉遣いがぎこちないと言うか……
特に下から二行目!
言いたいことは分からんでもないけど、全く日本語になってないぞ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。