功名が辻 第43回「決戦へ」

またまた、久々の感想。
大河の感想どころか、他の記事もあんまし書いてないし。ほとんど週記に成り下がってますね~。「日記」に昇格する日は来るのだろうか…(^^;)

え~と、山内家から見ると、あまり話は進んでないですね。
一豊は前回既に徳川側に付くことを決意してたし。その一豊が、千代から渡された“未開封の手紙”を家康に渡すわけだけど…。その中には三成からの書状の他に、さも元々から山内家が家康に味方する気だったと言わんばかりの、一豊に宛てた(と見せかけた)千代の手紙が。
味方するなら味方するで、徹底的に尽くす姿勢を見せようとしたわけですか。上手いなぁ(笑)

一豊も、部下に向けての演説(?)が上手くなりましたねぇ。以前は「こういうのは苦手だ」とか言って、吉兵衛に「そういう場合はこう言うのです!」と説教されてたのに。
あ、そう言えば。三成側との合戦に挑む夫を心配して、千代が「一豊様はもう若くないのだから、守ってあげて欲しい」と六平太に頼んでたけど……あれ?六平太も、もうそんなに若くないよね?千代より年上だったはずだから、一豊とほとんど同世代なんじゃあ…。
武士として周りを固めるのではなく、忍びとして蔭ながら力を貸してってことなんだろうけど、本当に旦那しか眼に入ってないのね~と思っちゃいました(^^ゞ

来週は、ついに天下分け目の、関が原の戦いです。

薬師アルジャン 1~4

ついにコミックスにも手を出しちゃいました(笑)
もともとプリンセスGOLD本誌で、連載開始時から読んでます。とある王国の姫君と王室お抱え薬師の青年が主軸で、そこに政治やら何やら(毒やら薬やら)が複雑に絡んでくるお話なのですが、面白いです。えぇ。最初から予定されてた伏線なのか後付設定なのかは判断付かないけれど、キャラや小ネタの使い捨てが無く、作り込まれてるな~って感じがします。

そんなわけで、新刊が出る度に買おうかどうしようか迷っていたのですが、本誌今月号でのガラナ主役編を読んで、(何故か)コミックスも買う決心をしました!
ガラナ、好きなんですよ~vv最初は何とも思ってなかったけど(敵だったし!)、再登場してからの彼は本当に良いキャラ──善人という意味じゃなく──で個性的な人で、なにやらすっかりファンに。……とは言っても、彼は若者ではなくオジサマキャラなのですが。いいのよ年齢なんて。好きなものは好きなんだからっ!(笑)

んで、久々に最初の方から読み返してみたわけですが。
第1話から追っていてストーリーは全部覚えているつもりだったけど、やっぱり自分の記憶力はアテにならないと再認識。そうそう、こんなこともあったよね~♪と楽しめました。
ストーリーのテンポが良いところも魅力。たまに急展開で内容詰め込みすぎの時もあるけど、それだけ描きたいことがたくさんあるんだろうな~と思ってます。オコチャマだった姫も、どんどん後の指導者らしく成長していってるし。
コミックスは現在4巻まで刊行中。プリムラ姫とロルカ王子との婚姻が白紙に戻ったところまで載ってます。本誌感想の時にも書いた覚えあるけど、やっぱり姫は、王子と一緒になった方が良いんじゃないかなぁ…?
薬師アルジャンとは相思相愛だけど、彼は後天的特異体質(とでも言っておこうか)だし、今は王室御用達薬師と言えども元奴隷で身分違いだし…。今後体質改善の可能性は大だけど、身分の壁はどうしようも無いんじゃないかと。なにより、相手の姫は次期王位継承者だし。
だからこそ、そういう二人を最後にどう決着させるのかと興味津々なわけです( ̄∀ ̄)b

薬師アルジャン 1 (山下友美先生)

デスノ前編

昨日放送された『DEATH NOTE』前編、観ました。
漫画は一応読んでます。最終巻以外は。なぜラストだけ読んでないかと言うと、ただでさえ気が重くなるシリーズなので、どういうラストか知っているだけになかなか読む気になれないのです…。
こういう“頭を使う”系の物語は凄く好きなんですけどねぇ。敵と味方のギリギリの駆け引きとか、大好きです。……はぁ、近い内に最後の巻を読むか…(;^_^A

で、映画版(前編)ですが。
なかなか良く出来てたんじゃないですか? 展開がわりと原作と違う面もあったけど、あの時間でまとめるにはそれなりに良かったんじゃないかと。
全体的な雰囲気も、原作っぽさが出ていたと思うし。
ただ笑えたのが、実写版であるにも関わらず、どうにも「漫画」にしか見えなかったってこと。それはそれで凄いけど。Lの奇行っぽい仕草とか、原作そのまんまだし。もちろん狙ってやってるんでしょうけどね(笑)
でもフルCGのリュークは、動きが大仰過ぎてちょっと興醒めだったかな。アニメならしっくり来たのかもしれないけど。……と、“実写なのに漫画に見えた”と言いつつ、そんな矛盾したことを言ってみる(^^ゞ

原作ではLファンなので(もちろん映画版でもLばっかり見ている/笑)、後編彼がどうなるのか気になります。原作通りなのか、どこで終わらす気なのか。
あぁ、でも、ミサミサの声がもっとアイドルっぽく高かったら良かったのになぁ~(笑)

刑事モノいろいろと。

ここのところ、久々に刑事ドラマに触れてます。

先週金曜に、『交渉人 真下正義』の放送をしてましたね。
実は私、『踊る大捜査線』のTVシリーズは全くの未見です。映画版の「レインボーブリッジを封鎖せよ!」だっけ? それをいつだったかTV放送した折に観たきりなので、はっきり言って詳しくも何ともないです(^^;)
そんな中で『交渉人~』を観てみたのですが……。うん、緊張感はあったかな。列車が相手ともあって、スピード感ある画面が多かったし。
でもあまり「交渉術」っぽいのが出てこなかったので、それは残念かも。

先日金曜には、『逃亡者 木島丈一郎』放送。これは映画じゃなくTVスペシャルですか。
全体のストーリーは悪くはないけど、この内容なら1時間で充分じゃないかと思いました。それに、「敵」の正体が早くにバレすぎ。正体あばきがメインテーマじゃないにしろ、推理する楽しみっつーものがありませんでした。アクションシーンも迫力が無かったなぁ…

昨日の土曜には、『容疑者 室井慎次』放送。こっちは映画ですね。
なかなか面白かったです。でもその一方で、本編TVシリーズとはだいぶ雰囲気が違うんだろうな~とも思ったり。
警察組織上層部の対立を描くわりには、中核となった事件がショボイのが残念でした。もっとこう、関係者がたくさんいて複雑に絡み合うとか…

次の土曜には、『弁護士 灰島秀樹』の放送だそうです。
でも彼、弁護士ですよねぇ…??なんだか、ますますTVシリーズから離れていってんじゃないでしょうか(…と、TVシリーズ未見の私が言ってみる/笑)


で、先週金曜には『まだまだあぶない刑事』の放送もやってました。
『逃亡者~』を観てたので、ちらりとしか観なかったのですが……ちょこちょことカットされてたようで。特にラスト!あの「遺品」オチが丸々カットされてたことにはビックリ。ラストのタカたちのセリフは直前のスタジアムのシーンにかぶせて流していたけど、まさかエンディングがまるっきり飛ばされるとは。
……つまり、元々必要ないシーンだったってことなんじゃあ……?(爆)

そう言えば来週の金曜ロードショーは、『デスノート(前編)』の放送だそうですね(刑事モノじゃないけど^^;)
知力を尽くした駆け引きとか、そういう頭脳プレイな話は大好きな私なのですが、読後にどうにも暗い気分になるんですよねぇ……デスノって。でもどんな風に映画化されたのか興味はあるので、一応観てみるつもりではあります。Lファンだし(笑)


……あぁ、やっぱり、アクション系の刑事ドラマが観たいよぉ~(><;)
そう言う意味では、あぶない刑事の続編に期待。このシリーズくらいしか、もうないですものね。派手にガンアクションをやる刑事モノは…(今後新作が作られるかどうかは微妙だけど/苦笑)
刑事貴族(牧編か本城編)の映画とかも、観てみたかったなぁ。

プリンセスGOLD 11+12月号

・浪漫狩り(岩崎陽子先生)

おぉ~!ここで、この局面で、結城師匠が出て来るとは思いませんでした。
……って、実際にはまだ対面してない(姿すら見せてない)ですけどね(笑)
先月号の予想で「師匠は生死不明のまま完結かも」とか書きましたが、しっかり話に絡んでました。いやぁ、全くの見当違いでしたわvv そりゃあよく考えると、今まで散々“結城の影”を出してきたのだから、本人(生身でも遺体であっても)を出さずに終わるのはヘンかもしれませんが……そういう終わり方も有りかな~と思ったので(^^ゞ

でも、師匠はいつから“封印”化してたんでしょうか。
“中枢遺跡”を見付けるのに何年掛ったか分からないけど、それらの遺跡と関わり始めたのがけい君が中学生の頃なので、多分今から十数年前ですよね。その後いつから「わが身を(封印の)犠牲にして軍部の計画阻止する」気になったのかは今のところ分からないけど、きっかけはきっと隼人兄様の死だったんじゃないかと思います。
同化しちゃったら帰って来れないし、それは正義心(?)からの行動だし、猿渡先生も責めるに責められないかもしれませんね~(それでも一言文句言いそうだけど/笑)
江津子叔母さんも、師匠を認めてくれると良いのだけど。…余談だけど、叔母さんが昔とちっとも変わらず綺麗なのは、独身だからなのだろうか?(本当に余談だ^^;)

別行動を取って、遺跡の動力部を破壊しに行った犬神さん達。
別れ際のやり取りがごく自然だったので、互いに「仲間」と認め合えるようになってきたのかな~と感じました。本当に信頼し合っているとはまだ言えないだろうけど、今はそんなこと言ってる場合じゃないですし(笑)
あ、そうだ、大事なこと書いてなかった。けい君が、那珂川少尉が、こっち側に戻って来ましたよ~!(待ってましたv) 王一族の力でメダリオンと分離し、現在は失神状態。目が覚めた後に、何も悪影響が残っていませんように。
そしてメダリオンは篠原さんの手へ…。「案内人」を失ってしまい、動力源まで落とされてるのに、そんな中で一体何をするつもりなの?いや、最終目的は分かってますけど。
とにかく、全ては猿渡先生の手に委ねられました。足撃たれてるのに大丈夫なのでしょうか。どうか無事に(←いろんな意味で)父子再会が果たせますように……!
(そう言えば、殴られちゃった宮様は改心──ってゆーのも何か違うが──してくれるのでしょうか?^^;)


では、その他のプチ感想。全作品のを書くのは初めてかも!( ̄∇ ̄ゞ

続きを読む »


水戸黄門 第21部(後半)

関西で再放送されてた『水戸黄門 第21部』が、先週金曜日で終了しました。
長らく消滅していた朝の水戸黄門再放送枠が復活してから、里見黄門様の再放送から始まり、佐野黄門様のラストシリーズ(第28部)、西村黄門様のラストシリーズ(第21部)と続いてきたので、次はいよいよ東野黄門様のシリーズ再放送か……!?
と、微妙に(?)期待して待っていたのですが──

今週月曜からは、全く別のドラマの再放送が始まるそうです(がくーっ)
あぁぁ、どの御老公かどころじゃなく、水戸黄門(再)枠自体が消えてしまった…(><;)

それはともかく、21部後半の感想をば。
一時中断後の放送再開に気付かなかったため2話ほど見逃したけど、見たいと思ってた回はちゃんと見れました。
25話「酔いどれ仁術」。飛猿が何気に活躍すると聞いていたので♪(笑)
21部後半は弥七の出番の無い回が多くなってきて、普段なら弥七が主にやる仕事を飛猿がやるもんだから、出番がいつもより増えると言う……飛猿ファンとしては嬉しいけど、弥七にも活躍してもらいたい水戸黄門ファンとしては複雑な気分になる事態であります( ̄∇ ̄ゞ
で、この25話も弥七の出番は無く。鉄砲傷を負ってしまった女性の手術のために、格さん助さんお銀まで手が離せず(御老公は見守ってるだけだけど^^;)、その間飛猿が一人で頑張って敵と闘ってましたvv
とは言っても、物語上たいして活躍はしてませんけどねー(出番は確かに多かったけど/笑)

29話「狙われた御用金」は、敵の忍びの頭領が顔見知りだったらしく、「飛猿」の名が連呼されたのが嬉しかったですvv
……小さな幸せだな~(笑)

最終話「世直し旅よ永遠に」では、御老公が水戸に戻って来て、弥七は女房・お新と久々に再会(霞のお新って、私、初めて見たかも…?)、飛猿は柘植の里に帰ることに…。
挨拶して行きかけた時、一度御老公が「飛猿」と呼び止めるんですよね~。そのまま黙って見詰める御老公に、ふっと笑いかけて背を向ける飛猿。……西村黄門様とはこれで本当にお別れなので、見ていてなんだか切ない気持ちになっちゃいました。
『水戸黄門』はまだまだ続くのにね~( ̄∇ ̄ゞ

あぁ、来週からは本放送のみか。
再放送の伊吹格さん&あおい助さんの殺陣シーンを見てると、流れがすごく奇麗なだけじゃなく、「重さ」を感じるんですよ。確かに敵を力技で打ち負かしてる~って感じがして。
対する現行の合田格さん&原田助さんの動きは、全体的にどうにも軽そうに見えて…。あれで敵が吹っ飛ぶなんて、なんて軽い敵なんだ!っと思ってしまうのです。
この辺、もうちょっと何とかなれば良いのになぁ。動き自体はスムーズになってきてると思いますけどね。
それにしても、ずっと再放送枠のある他の地域が羨ましいです…。

功名が辻 第40回「三成暗殺」

……ありゃ??

昨夜ケータイから感想を送ったはずなのに、どこにも載ってない~?( ̄ロ ̄|||)
一体どこに消えたんだろう…

そんなワケで、もう一回書いてみます(同じことをv)

**********************************************

今回のタイトル見て、うっかり「おぉ、ついに三成の最後なのか~」と騙されてしまった人間は、きっと歴史オンチな私だけではない!……はず(笑)
正式には「三成暗殺計画」とか「~未遂」って感じでしたね。紛らわしいな~。

前回ついに秀吉が没し、家康の狸っぷりも絶好調♪(笑) ここからどう徳川の世に持っていくのか、楽しみです。

「ルパン三世より」

久々に迷惑メール晒しです。
こんなの↓が届いたんだけど……

送信者: "なおみ" <******.ocn.ne.jp>
件名: ルパン三世より
日時: 2006年09月29日 12:52:00

パスワードに秘密あり!!⇒http://****j.com:112/kyuai-*-*/
⇒パスワードを必ず****で登録する⇒全ての登録が完了し再度ログインすると
携帯番号を登録した全国の女性達の電話番号一覧データーが地域別で表示される
⇒あとは上から順に直接電話するのみ。業者に気付かれる前に電話番号をコピーしろよ!!
↓↓↓↓↓↓
http://****j.com:112/kyuai-*-*/



この「ルパン三世より」ってタイトルは何!?
私がルパンファンだから??
それともそんなの全く関係なく、ただネタとして使ってるだけで、普通に無差別に送ってるのかしら…??( ̄ロ ̄|||)

どうせルパンを騙るなら、「このオレが苦労してパスワード盗んでやったんだぜぇ~?感謝しろよ!」くらいのこと書いてみなさいよ、と思っちゃいました(笑)