スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ4!?

こんな記事を発見。

「パイレーツ4」は“スパロウ船長物語”に?

 ジョニー・デップが「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの4作目に意欲を見せているようだが、“「パイレーツ4」の製作が決まった”と伝えている映画サイトがあり、同シリーズの関係者が「ジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュ、ゴア・ヴァービンスキー監督は続投する」と語っているらしい。しかしながら、キーラ・ナイトレイ、オーランド・ブルームは出演せず、「パイレーツ4」は、デップ演じるジャック・スパロウ船長とその家族に焦点をあてたストーリーになるという。ということは、スパロウ船長の父親を演じたキース・リチャーズも再び戻ってくることになるのでは、と期待が膨らむところだが、いずれにせよ“関係者に一息入れる時間を与える”ため、公開は2009年か2010年になると伝えられている。
(↓そのまま引用)
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/news/news3417.html


……マ、マジで!!?

どこまで本決まりなのか分からないけど、高確率で4が観られるかもしれないんですねっ!!?o(≧∇≦)o

ウィルとエリザベスが出ないのは寂しいけど、確かに二人の物語は完結してるからなぁ…。でもとにかく、またジャックやバルボッサと会えるのはとっても嬉しいvv
しかもジャックの家族ってことは……キャプテン・ティーグはもちろんのこと、あの干からびた……え~と、お母さまも出て来られるわけですね。生前の(笑)
(…とか言ってて、「ジャックの家庭」の話だったらどうしよう/爆)
3はジャックの出番が少な過ぎだと感じたので、今度こそもっとたくさん彼を見たいです。個人的には1くらいの出番が丁度良いかな。

シリーズはいったん完結してるけど、音楽は出来れば変えて欲しくないなぁ。特にHe's A Pirateは絶対に外してもらいたくないんだけど…。
あと、1~3の脚本を担当した二人が引き続き「4」も執筆するという情報も見掛けました。
まぁ一番重要なのは、「いかに面白いか」ってことなんですけどね。私はそれぞれの思惑が錯綜してややこしい3よりは、ストーリーは単純だけど笑いや格好良さのバランスが良い1みたいな作品を望みます。

とにかく、早けりゃ再来年には次回作が見られるっぽいので楽しみですvv(……計画が立ち消えにならなければ、ね^^;)
スポンサーサイト

……まさに、一瞬。

公式サイトにも「出番は一瞬」って書いてあったし、事前に余所様のブログ等を拝見したところ“その通り”だったらしいってのは充分に分かっていたのですが……
いやぁ、本当に一瞬ですね!「ジョニー船長」の出番っ!!
あまりに“単なる一脇役”だったので笑っちゃいましたよ(^^;)

──そんなワケで、昨日録画してたドラえもん海賊スペシャルを観てみました。
もっとも、早送りばかりでちゃんと鑑賞したことにはなりませんが( ̄∇ ̄ゞ

あの程度の出番で「ジョニー・デップ出演」と銘打つなんて、詐欺じゃないですかねぇ??
新聞のTV欄にまでそう書いてあったから、きっと過度に期待しちゃった人がたくさん居るんじゃないかな。
キャラだってジョニーに似てるようには見えなかったし、格好もジャック・スパロウっぽくなかったし(…まぁ普通の輸送船の船長という設定だから、ジャックみたいに小汚く出来なかったんだろうけど/苦笑)、表情が変わらないから人間味がないし、セリフすら無し!!(おまけに、途中で催眠術かかってるし/爆)
催眠術と言えば、かけられた乗組員たち(多分ジョニー船長も)が海に放り出されてたけど、あんな大嵐の中でよく無事だったな~……とか思っちゃいましたが。そこは突っ込んじゃだめ?(笑)

そう言えば、ドラえもんのOPって「♪こんなこといいな できたらいいな♪」の曲じゃなくなったんですねぇ。キャスト一新されたとき、初回スペシャルの途中まで見て断念したので知りませんでした。
あぁ、あの曲好きだったのに……ドラえもんって感じ(?)で…!!

そう言えば

明日のドラえもんは海賊SPですね。例の「ジョニー船長」が出ると言う…(笑)
一応録画はしときますが、いつ観れるかは不明です。てゆーか、出番一瞬らしいし!(商法にしっかり踊らされる自分がムナシイ……普段観てないくせに/苦笑)

と言うワケで、船長の出番を確認された方!何分頃に何回出て来たか情報プリーズ(゜▽゜)そこだけチェックしますので♪(オィ)

ワールド・エンド(その2)

映画観ての感想はこの前書いたんですけど、改めて補足感想(?)を書いてみたいと思います。
思いつくままに 長々と 語りまくってますので、お暇な時にでもド~ゾ(笑)

続きを読む »


警視庁捜査一課9係 season2

9係が終わっちゃいました。以前1~2話の感想だけ書いたけど、とりあえずそれも含めて全体の感想です(^^)

え~っと。係長のキャラ、ちょっと変わった??
前シリーズでは超マイペースで何考えてるかさっぱり分からない人で、事件現場等で一人だけ(一見)無関係なことに興味を示して部下たちから無視(放置)されて、でもそれが実は事件を解決するキッカケになって……というパターンが多かったんだけど。
今シリーズでは、そこまで「変人」扱いはされてないような気がしました。係長も、前よりハッキリ(上司らしく!)指示出すようになったし。突然無関係(と思える)ことをしだすのは、相変わらずですけどね(笑)

浅輪君の後輩や倫子ちゃんの「留学先での恋人」(←誤解)が絡んできて、ますます恋愛方面がややこしくなるかと思ったけど、あっさり片が着いて一安心。ま、後輩ちゃんや宮原は、まだまだ諦めそうもないけど(^^;)
でもついに、倫子ちゃんの浅輪君への気持ちがハッキリしましたね!ちゃんと話したわけじゃないから本人にはまだ伝わってなさそうだけど、あまり引っ張らずに次シリーズあたりでまとめちゃって欲しいです。正式に付き合いだしてもあの二人ならきっとトラブル(すれ違い)ばっかり起こしそうだし、ネタには事欠かないはず(笑)

主任とつかさちゃんは無事まとまるのかな?彼女が引くことを覚えないと、ちょっと難しそう。
小宮山姐さんは仕事頑張ってください(笑)
矢沢さんトコには、次シリーズあたりでジュニア誕生かな?
妙子さんが青柳さんの元を去ったのにはびっくりしたので、最後に無事再会できて良かったです(どこに住んでいたのやら^^;)。あの「分け目が逆」には全然気付かなかったよ!(@@;)
9係で発生する事件はわりとショボイのが多いけど(失礼!)、サイドストーリーが面白いんですよね。結構泣ける時もあるし。レギュラー陣の人間関係が良いんですよ~。皆個性が強烈なので、各々が自己主張を始めると相当濃いシーンになるけど、それを受け入れられないとこの9係は楽しめない(笑)

途中、実際の事件に配慮して放送順が入れ替わるというトラブルがありましたが、編集の力によって何とかなったようですね。ただ、やっぱり多少の不自然さは感じましたけども。
最終話なんて、水曜放送の予定が野球中継が入って、土曜の真昼間から放送してたし!
それにしても1シリーズ9話(前回は10話)だなんて、短すぎっ!!season3はまだかなぁ~?(早ッ)

水戸黄門 第11話(第37部) 弥七参上!

……え~と、まずは一言。
弥七出す意味全く無いじゃんっ!!Σ( ̄ロ ̄|||)

そんなワケで、本日の水戸黄門は第11話「母と娘つないだ風車」。
2代目弥七親分の、初お目見えの回ですね~。
でも上述の通り、弥七の存在意義がほとんど感じられない話でした。御老公たちとは既に知り合いであるという先代弥七の設定を継いでいるために、登場シーンや御老公と初めて接触するシーンでは何のインパクトも無かったし。
設定がどうあれ、もっと弥七を前面に押し出す展開にした方が良かったんじゃないでしょうか。誇大広告っぽくて、なんだか拍子抜けです(…ま、予想はしてたけどね^^;)

それはさておき。
今回もまた、説明セリフがものすごく多かったですねぇ!
娘さんが身の上話を始めるところでも長いと感じたのに、女将さんの打ち明け話はそれに輪をかけて長かった!こういう部分が、展開をつまらなくする要因(の一つ)なんだけどなぁ…(ー_ーゞ
あの娘さんも、思い込みが激しすぎ。似顔絵を持っているわけでもあるまいし、泣き黒子と津軽三味線の存在だけで相手を生みの親だと断定するとは。現代ほど情報網が発達してない時代なんだから、別人の可能性の方が高いだろうに…(まぁ、これまた水戸黄門ではよくあるパターンなんですけどね/苦笑)

そう言えば、御老公や格さん助さんお娟はともかくとして、アキちゃんと新助は弥七と初対面の筈なんですが、やっぱりそういうシーンは省かれちゃいましたね。ごく当たり前のように戦闘に加わってるし。
しかも親分、今回4回も風車投げましたよ!ちょっと投げすぎなんじゃあ?(笑)

ワールド・エンド

予告通り、今日「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観て来ました!
……いやぁ、疲れたわぁ~~(最初の感想がソレかいっ)
だって吹き替え版を見ようと上映時間の2時間くらい前に行ったのに、既に満席だったんだもの。字幕版より上映回数が少ないからとは言え、次の上映が8時間後のレイトショーって、そりゃないよ!(@@;)
しょうがないので字幕版を鑑賞。そもそも吹き替えを見る気だったのは、目が悪くて疲れやすいからだったんだけどなぁ…(;^_^A

ちなみに、観る前からおおよその展開は知ってました。気になる作品(映画に限らず漫画とかドラマも)があったら、ついついネタバレを探してしまうのです。なにしろ誘惑に弱いものだから(笑)
──そんなワケで、ここも多少ネタバレ含みます。ご注意を。

続きを読む »


ドラえもんに海賊が…!?

今月29日放送の「ドラえもん」スペシャルに、今一番有名な(?)海賊が“出演”するそうですよ~(記事読んで、思わず笑っちゃったよ^^)

→ デップ様がドラえもんに出演!!
映画史を塗り替える人気作「パイレーツ-」に主演するデップ様が、(中略) 映画での役どころであるジャック・スパロウ船長の姿で、ハリウッドスターとして初めて「ドラえもん」に登場する。

しかもドラえもん公式サイト(ジョニー船長らしき?画像有り)見たら、「ジョニー・デップがアニメになって一瞬だけ登場!」と。
……一瞬だけかよっ!!( ̄ロ ̄|||)


さて。このブログで「パイレーツ・オブ・カリビアン」の話題を出すのは初めてですよね。
それもそのはず、実はワタクシ、先月金曜ロードショーで1作目が放送されたのを観て初めてファンになったという、新参者としては非っ常に分かりやす~い転び方をしたわけでして(笑)
いやぁもう、めっちゃハマりましたよっ!速攻で1,2ともDVDを買っちゃったし( ̄∇ ̄ゞ
「呪われた海賊たち」は良いですね。ストーリーに複雑さはないけど、どのシーンも笑えるかカッコイイかハラハラするかで、観ていて飽きないし。小エピソードの繋げ方も上手いと思いました。
個人的には、ジャックの格好良いんだか格好悪いんだかよく分からんトコが一番の魅力です(笑)
あぁ、公開当時に何故観なかったんだ私は!凄い人気だってことは知ってたのに!!(後悔先に立たず)
ちなみに買った1のDVDはまだちゃんとは見てないです(最後のオマケとかだけ)。TV放送だとカットが多いから、なるべく早く見直したいんですけどね~。

2の「デッドマンズ・チェスト」は、ちょ~っとイマイチだったかなぁ。1の方が面白いとの噂は聞いてたので、なるべく期待はしないようにしてたんだけど…(オィ)
主人公は行方不明、敵も倒さずに終わるとは! いくら続き物でも、1話ごとに一応は完結させて貰いたいものです。次の週には続きが見られるドラマじゃないんだからさー(伏線貼るのは良いんだけどね^^;)
エリザベスがいきなり(剣術で)強くなってるのにも違和感が。1から何年後の話か分からないし(2年くらいの計算か?)、元々素質もあったのかもしれないけど、敵をバッタバッタ倒すほどになってるとは…(;^_^A
あぁ、でも初っ端の人食い族編は面白かったです。その後、笑えるシーンが減ってしまったのが残念かも。

えーそんなワケで、どんなワケだか、明日「ワールド・エンド」を観に行って来ます!
街の大きな映画館に行くなんてめっちゃ久しぶりですわよ。ハリポタだけは毎回観に行くようにしてるけど、近所のちっちゃな映画館で済ましてるし(…滅多に映画館に行かないのは、大音量が苦手なため:;)
ところで某hさん。あなたの影響で、「雀」の字がやけに気になるようになっちゃったんですけどっ!?(笑)<私信

水戸黄門 第10話(第37部)

リアルタイムに感想書くのは久しぶりだな~(^^;)

──と言うわけで、『水戸黄門』第37部 第10話「死ぬな!風の鬼若!!」。

この回で鬼若役の照英さんが水戸黄門を卒業するとは、前々から聞いてました。
でもサブタイトルがいやに直接的なので、“死亡END”よりは“助かるけど忍びの里に戻るEND”だろうと思ってましたが……行方不明のまま終わるとは!
後々に再登場するのならこれでも良いけど、そんなことは無いだろうし。妙に後味の悪い終わり方だなぁ…。

それはともかく。
鬼若が例の仏様を懐に入れるもんだから、敵に撃たれた時に、てっきりその仏様に弾が当たったのかと思っちゃったじゃないですか!木製だから貫通するだろうけど、それでも衝撃緩和してくれるだろうと思ってたのに……関係無かったわ(;^_^A
夜叉王丸も、もうちょっと活躍して欲しかったなぁ。せめてラストで旅立つアキ様を、影からこっそり(!)見守る姿を映す、とか(笑)
今回は何気に皆ピンチでしたね。珍しくお娟姐さんが毒矢を受けたし(でもラストの立ち回りではピンピンしてたけど)、格さんと新助は敵にとっ捕まって蔵に押し込められてたし(でも自力で逃げてたけど)、御老公も敵に怪しまれて監禁状態だったし(でも特に暴力は受けず、尋問されてただけみたいだけど)、助さんは敵方に潜入中で手が出せなかったし(でもそれは当の御老公の指示によるけど)
……あれ?こうやって書くと、全然ピンチじゃないみたいだ( ̄∇ ̄ゞ

次回はついにとうとう、弥七親分の登場ですよっ!
予告観て思わず笑ってしまった私をお許しくだせぃ……(オィ)

ルパン三世 今年のTVSP

昨日Pさんからお聞きしたんですけど、毎年恒例のテレスペ情報が出てるそうですよ!
(Pさん、いつもありがとうございます~♪)

ルパン三世:7月に40周年記念スペシャル 怪人マモーと再び対決?

こちら↑によると、ファーストシリーズで敵役として出てきた、かの魔毛狂介が再び(性懲りも無く/笑)姿を現すらしい。
……てゆーか魔毛さん、アンタ話の終わりで最大の武器であるタイムマシン壊されて、とってもマヌケな姿晒してたじゃん!(最初はルパンすらビビらすほどの強敵として描かれてたけどね^^;)今さらテレスペに出張するって言ったって、期待どころか不安感が高まるだけなんだけど…。
それとも“最大の敵”とかじゃなく、単なる噛ませ?お笑い役?(オィ)
ちゃっかり悪の組織のトップに収まってたりしたら、それはそれで笑うけど。きっと野心ある幹部連中に良い様に操られてる、お飾りボスに違いないvv……なんちって( ̄∇ ̄ゞ
(ちなみに、マモーと魔毛は全くの別人ですがな)

舞台が日本ってことで、しかも主な敵(と思われる人間)が日本人なので、もしかして私の愛する(笑)『風魔一族の陰謀』っぽい雰囲気になるのかしら~?と期待してます。何てったって、テレコム制作だし!!(…いやいや、過度の期待は禁物よ。何てったって、近作の出来があまりにも……だし/爆)
まぁ、あれですよ。今度こそキャラクターデザインが変わるに違いない!と、その辺は密かに期待しておくことにします。頼むから、あのクドい絵柄はヤメて…(^^;)

そうだ、放送日をメモっとかなきゃ。開始時間は9時でいいよね?(金ローだし)

「ルパン三世 霧のエリューシヴ」 7月27日(金)放送


コナン映画と言い、なんでこう、サブタイトルに英語を入れたがるんだろう。日本語でビシっとまとめる方が、ずっと格好良いと思うのに~。
関係ないけど、昨今の洋画タイトルにしてもそう。ネット上でカタカナ名が先行しちゃうからみたいだけど、ちゃんと日本語訳して欲しいなぁ(><)
……てか、その前に「エリューシヴ」ってナンなんですかね。とことん無知な私には、英語かどうかすら分からないんですけど(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。