アルジャン(完)/タブロウゲート5

おっと、1ヶ月以上放置してました…m(_ _;)m
とりあえず漫画感想です。


・薬師アルジャン 第11巻(最終巻)

薬師と姫の物語もついに完結。
本誌でずっと読んでたので、今更新たな感想は思い浮かばないのですが(……って、同じこと前の感想の時にも書いたな/苦笑)、最終話の展開には個人的にちょ~っと不満が。
ま、あれはあれで、綺麗な終わり方かもしれませんけどね。敵役だった従兄王子は改心して良い王様になり、姫は一人の女の子になって、想い人と幸せにくらしました、めでたしめでたし~って。
ただ、私はやっぱりプリムラ姫には「王」のままでいて貰いたかったのです。姫に指導者としての素質があるのは周りの皆が認めているし、当の姫も、悩みつつも王となる決意をしていて、皆がそのために協力してきたのに、最後の最後に私事(←愛のため!)で全てを投げ出すなんて…!(爆)
姫(女王)である以上、一薬師でしかないアルジャンとは結ばれることがないのだから、まぁしょうがないのかもしれないけど…(;^_^A
ロルカファンとしては、番外編で彼の幸せなところが見たいな~vvなんて思ったり。無理だろうけど、ひっそり期待しておきます(苦笑)

ページ数の割には内容が多く、詰め込み過ぎの感もあったりしましたが、でも大好きでした。山下先生、お疲れ様でした!!



・タブロウ・ゲート 第5巻

表紙が星。……あれ?太陽ってまだ表紙中央に出てないですよね。レギュラーなのに、それでいいのか?アレイスター…( ̄□ ̄;)
審判と正義の話、大好きです。顔も性格もとんでもなく濃い二人なんだけど、何なんだ、この格好良さは!!(爆笑)
今回は隠者と共に行動していただけで、ちょこっとサツキと接触したくらいだけど、早く正式にサツキやレディと出合って欲しいです。物凄いドタバタが期待出来そうvv
ラストではエリーが大変なことに!! 各々超常的な力を持つタブロウであっても、溺れたら死ぬ(=消滅する?)みたいですねぇ。これがもしレディ版エリーであっても、きっと溺れたんだろうな~と思うと笑えます。……いや、笑ってる場合じゃないけど( ̄∇ ̄ゞ

CDブックが出たそうです。欲しいけど、懐が寂しいので現在悩み中(苦笑)