スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス・イン・ワンダーランド

映画、観てきました!
3Dじゃなく通常の字幕版で。
キャロルの原作はかな~り昔に読んだきりなので、はっきり言ってほとんど覚えてないです。しかも、確か『不思議の国~』しか読んだことなかった筈。

以下、ネタバレ含みます。

続きを読む »

スポンサーサイト

映画いろいろ。(その17)

映画感想です。両方とも初見。レンタルして観ました。
別に、金城さん繋がりで借りたワケじゃないんですよ!(てゆーか、借りてから気付いた^^;)
でも全く系統の違う作品に同じ人が出ていたら、私のおバカな脳味噌が少々混乱するということが分かりました(笑)



・レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-  (2009年)

レッドクリフ後編。前編の内容をきれいさっぱり忘れていた(!)ため、何がどうなっているのやら、把握出来るまでしばらく時間を要しました。…ちなみに、漫画版は未だに読み返しておらず…( ̄∇ ̄ゞ

闘いのシーンは迫力が凄かったです。敵も味方も容赦なく飲み込む炎とか、折り重なるように次々倒れて行く人々とか。戦争の悲惨さがよく表れていると思いました。
ただ……赤壁の戦いがクライマックスだから仕方ないとは言え、敵の総大将を倒してハイ終わり、ってことにはならなかったので、ラストがちょっと物足りないと言うか。
それに、敵陣だからあの場に曹操が居るのは当然だとしても、孫権や劉備まで乗り込んで来て総大将達が一堂に会すとは、いくら何でもやり過ぎなのでは!?と思っちゃいました。何故か周りに敵兵がほとんど居ないし(笑)

そう言えば、劉備はほとんど活躍の場がなかったですねぇ…。民を思う仁徳者ってのは分かったけど、指導者としての資質を感じられるような描き方ではなかった気がします。何故この劉備に大勢の人が従っているのか、正直謎なんですけど…(;^_^A



・K-20 怪人二十面相・伝  (2008年)
(以下、思いっ切りネタバレ!)

実はこれ、気にはしつつも観ようかどうしようかず~っと迷ってた作品なんですよね…。だってこの作品、明智が敵役なんだもの!
観る前から、誰が黒幕かってことは知ってました。いや、勘付いてたと言うべきか。
二十面相に仕立て上げられた青年が主人公で、その彼と行動を共にするヒロインが明智の婚約者で──という設定で、まずはほんのり疑問を抱き……
その上、予告で「本物の二十面相は誰だ!?」みたいなCM流されたもんだから、まさか黒幕は明智か!?とビクビクしていたら、いざ映画公開が始まってみるとやっぱりそうだったと言う…!
乱歩の明智小五郎が大好きな身としては、ヒジョーにビミョーなわけなのです( ̄△ ̄)

──で、観てみました。アクションシーンが良いですね。平吉の修行場面(街を縦断)が楽しかったです。あんな風に跳躍出来たら気持ちいいだろうなぁv(…そんな私は高所恐怖症だけど/笑)
けど、やっぱり明智の描写には違和感。本家本元の明智小五郎と言えば明朗快活な印象があるけど、この作品の明智はどっちかと言うと無表情で、何だか人を寄せ付けない感じ。
いくら探偵として最初から平吉と対立する立場だったとは言っても、あのオチをドーーン!!と持って来たいんだったら、もっと疑われにくい人物描写にした方が良かったんじゃないでしょうかねぇ…?
名推理を披露するようなシーンもなかったし。二十面相専属(?)の探偵になるまでには、それなりに他の事件でも名を上げてきたのだろうから、そういった「名探偵らしい」描写がなかったのが残念です。
まぁ、アクションシーンが格好良かったし、うろたえる明智(=平吉の変装)も面白かったですけどね(笑)




ところで。
またまた、書きっぱなしで放置してた感想を発見したので、ついでに載せてみます。これまた、いつ観賞したのかさ~っぱり覚えてないけど!(爆)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。