スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[映画] シャーロック・ホームズ

最近──え~と、いつだっけ。今年?去年?──公開の映画です。
レンタルで、新作から準新作になるのを首を長~くして待ってましたvv
ロバート・ダウニー・jrがホームズ役で、ジュード・ロウがワトソン博士役のこの作品、ホームズ物としては異色作ということで賛否両論っぽい感じでしたが、冒険モノ大好きな身としては、バトルOK!ドンと来い!って感じなのです(笑)


さて。
ドイルのホームズシリーズは、ウチにある傑作選(短編集)1冊を除いてほとんど読んだことのない私ですが、それでもしっかりイメージが形作られています。
そんな偏った知識を持った私が見た、この映画は──
なかなか面白かった、かな……??( ̄∇ ̄ゞ

まず、全体的に気になったことから。
……事件に関して、ちょっと説明不足ではなかろうか。
冒頭から主役二人(ホームズ&ワトソン)は既に事件の渦中で、ストーリーを追うにつれて徐々に情報が増えていき、暫くしてようやく全貌が見えてくる感じ。
私の理解度が低いだけかもしれないけど、劇中人物よりも情報が(かなり)遅れてるってのは、観ていてもどかしい気持ちになっちゃいます。

あと、アイリーンってあんなキャラだっけ?
そもそも、彼女が原作で何度登場するのかすらよく分からない初心者な私ですが、私が読んだ中では別に女盗賊じゃなかったと思うんだけど…。
ま、ホームズに女性を深く(ヘンな意味じゃなく!)関わらせようと思ったら、事件に巻き込まれた人か、もしくは今回みたいなことになるのでしょうね。ポジション的には……そっか、不二子ちゃんだ!(笑)

一方、お茶目で飄々としてるホームズと、ひたすら真面目で格好良いワトソン君。
……君たちが何故同居に至ったのか、非常に不思議だよ。なんか、初めからホームズの「あの性格」を知っていたら、ワトソンは絶対同居しなかった気がします(大笑)
それにしても、二人とも強い強い!こんなマッチョなホームズ、確かにイメージじゃないかも??(でも原作ホームズも、実は結構強い人だったりする)
今まで抱いていたイメージとはだいぶ違ったけど、作品としての印象が割合良かったせいか、こんな「シャーロック・ホームズ」像があっても良いな~と思えました。
なんてったって、「ルパン」よりマシですよ! 2004年製作の、アルセーヌ・ルパンの映画!
あれはあれで原作に忠実に作ろうとしたようではあるのだけど……選んだ原作がルパンの若い頃のものだから、当然映画も青年ルパンが主人公。まだまだ試行錯誤中の青臭い若造って感じで、「スマートに盗み、華麗に去る大怪盗」を期待して観た身としては非常にガッカリしたというか…(;^_^A

あー、でも、“闘いのシミュレーション”は個人的には余計だったかなぁ…。突然画面がスローになって、そこにホームズのナレーションがかぶるわけだけど、最初にそのシーンが出てきた時には一体どうなることかと思いましたよ。
ま、そんな感じで気になる点はちょこちょことありましたが、総合的にはなかなか楽しめたと思います。アクションシーンにはハラハラしたし。
続編が製作中なんでしたっけ? 公開されたら、映画館にまで行くかどうかはまだ分からないけど、是非続きを観てみたいですvv(ミステリー映画としてよりも、アクション映画として楽しみにしてる私…/爆)
スポンサーサイト

顔出し

おぉ~っと、危ない危ない。
このレンタルブログ、前回投稿から1ヶ月経ったら広告記事が勝手に出ちゃうんですけど、そろそろ1ヶ月経つところでした(^▽^;)

最近疲れやすいので、なかなかネット出来ないのです。
むむむ……レンタルした映画とか、買った漫画の感想とか書きたいんだけどなぁ……


まぁ、のんびり行きましょか♪(と、自分に言い聞かせてみる/笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。