プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

そう言えば半額クーポン券があったはず!と思って映画を借りにレンタル店へ行ったわけですが、店員に見せたら「CDのクーポンです」と言われ……
よく見てみたら、確かにCDだけで、DVDとはどこにも書いてませんでした(爆)
う~ん、要らん恥かいた!( ̄▽ ̄;)


・プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 (2010年/主演:ジェイク・ギレンホール)

──以下、感想です。ネタバレ大いにあり。
(字幕版観賞)


続きを読む »


新・9係(3) 第4話

新・警視庁捜査一課9係(season3) 第4話「ルビー殺人事件」


まず思ったこと。涙のエピローグが長過ぎ…!!
前回の係長の説教と言い、今期はそういったシーンが、ラストに無駄に長く入る傾向にあるのでしょうか?
視聴者をしんみりさせたいんだろうけど、かえって逆効果だと思うんだけどなぁ…(; ̄O ̄)

青ちゃん主任は相変わらず暴走気味で、そんな主任をさらりと無視する、矢沢さんと浅輪君。う~ん、手馴れたものです(笑)
青ちゃんを(表面上)きちんと「主任」扱いして接してるのって、案外、小宮山姐さんしかいないのかもしれません。一応、村瀬さんよりも先に主任に情報を渡そうとするし。
対応が大人だなぁvv( ̄ー ̄)

尋問中の、家政婦のうろたえっぷりに笑いました。
宝石の裏半分の色が違ったら、誰がどう見たってニセモノだと気付くだろうけど……それに気付かないくらい動転してたってことなのかな?
被害者の女性は根は悪い人じゃないんだろうけど、あまりにも素直じゃなさ過ぎて、周りに敵をいっぱい作ってそうだな~と思いました。
ああいう言い方じゃあ、さすがに反感買うのは当然ですよね(;^_^A

とりあえず、今回はあまり他に言うことないです……
一番の視聴目的である、メンバーの掛け合いも割りと少なめだったし。
次回に期待!

ノベライズ

パイレーツ・オブ・カリビアン前三部作の小説版が家にあることを思い出し、それなら今回の「生命の泉」も小説になってるはず!と思い至って、今更ながら4の小説を買って参りました( ̄∇ ̄ゞ

この手のノベライズは、映画本編を観て書かれるわけじゃなく、事前に入手した脚本を元に書き起こされるモノなので、実際公開される映画とは細かい部分が変わってしまっていることが多いんですよね。
セリフが違ったり、カットされるはずのシーンが入っていたり、場面が入れ替わっていたり……
その上、地の文には書き手の想像も(恐らく)多大に加わるし、キャラクターの口調も映画の訳し方とは違うため、はっきり言って「本編とは全くの別物」と捉えた方が良いかもしれません。(1の小説版のときも、処刑台に駆け上がったはずのウィルがジャックの足元の板に剣を投げ付けるという、実行不可能なナゾの文章があったし/笑)

それでも私がパイレーツのノベライズを買うのは、映画を見ただけじゃ理解出来なかった事柄が、小説ではあっさりと説明されてたりするからだったりします(^▽^;)
それに、小説版のジャックは意外とカワイイ(?)んです! 表面上平静を装っていても内心ビクビクしてたりとか、子供っぽい口調で言い返してみたりとか(笑)
本編の何考えてるか分かりにくい大人な(?)ジャックとはちょっと違うけど、こういうジャックもいいかもね~vvって気持ちで読んでます。
ただこの小説版、地の文もセリフも全般的に理屈っぽいと言うか、説明文っぽいのが玉にキズなんだけど…。

4はまだ途中までしか読んでませんが、映画本編を思い出しつつ、じっくり読んでみたいと思ってます。
本当は映画をもう一度くらい観たかったけど、もうそろそろ公開終わっちゃうのかな…?(; ̄O ̄)
まぁ、大人しくDVD発売を待つことにします(笑)



閑話休題。
ニュースとしてはだいぶ前の話なんですが、次回作のパイレーツ・オブ・カリビアン5に関して、監督がティム・バートンになるんじゃないかって噂があるようですねぇ~(実際は今回の4でも候補に挙げられていた模様)

……う~ん、どうなんだろ??
ティムの作品は大好きなんだけど、このシリーズの監督が彼って、なんか個人的にしっくりしない気がします。
むしろ作風は近いのに、なぜそう思うのか自分でもナゾなんだけど…(^-^;

新・9係(3) 第3話

新・警視庁捜査一課9係(season3) 第3話「赤い破片の秘密」


冒頭を見損ねちゃったけど、早苗さんは名前だけ? 今日は出て来てないですよね…?
──で、お待ちかねの妙子さん登場回でした。
相変わらず事件に関わっちゃってるけど、でも単なる「昔の知り合い」程度のものなので、このくらいだったらまぁいいかな~って感じ。
昔みたいに、たま~には事件と全く関わりなく出て来て欲しい気もするけど(^^ゞ

倫子ちゃんは今のところ皆勤ですよね。今期はほぼ全話に出るのかな?(まだ分からないけど)
彼女がケーキ以外のものを浅輪君にプレゼントするなんて、すごく珍しいですよね。それだけ二人の距離が近付いて来てるんだろうな~と思うと、微笑ましいですvv
そりゃあ浅輪君も、青ちゃんに「浮かれっぷりに磨きがかかってる」って言われるわけだ(笑)

事件については、捜査中おかしいくらいに「妹」の存在に全く触れられないものだから不審に思ってたら、その妹が犯人でした。
……いや、さすがにスルーし過ぎでしょ。「調べたけど所在確認出来ませんでした」くらいの報告は、途中で入れて貰わないと…(;^_^A
取調べ室のシーン(係長の説教)も、ちょっと長過ぎたかなぁ…。

今日も青ちゃんと村瀬さんがぶつかり合ってる(と言うか、村瀬が意識的に突っかかってる)上に、青ちゃんと矢沢さんのケンカまで加わっちゃったからどうなるかと心配してたけど、ケンカの方は途中で上手い具合に解消されて良かったです。
青柳さんもやれば(多分)出来る人なんだから、もうちょっと「大きく」なって貰いたいなぁ(笑)

ところで昔の事件の犯人、犯行時に着てた目立つジャンパーを7年も手元に置いとくって……いくらなんでもアホじゃないかと! よっぽどお気に入りだったのかしら(苦笑)

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

そろそろ公開終了する映画館も出て来たこの間際になって、ようやくパイレーツ4を駆け込み観賞して参りました(笑)
通常版の字幕です。やたら暗いシーンが多かったので、3Dだと観にくいんじゃないかな~と思いました。

以下、ネタバレ含みます。
当然ながら一度しか観てないので、見当違いなこと書いててもご容赦を(^^ゞ

続きを読む »


[映画] 魔法使いの弟子

久々にDVDをレンタルして来ました。

・魔法使いの弟子 (2010年/出演:ニコラス・ケイジ、ジェイ・バルチェル)

現代が舞台の魔法ファンタジー作品です。
ちなみに、元ネタ(?)のディズニーアニメの方は未見。

以下、感想。例によって長いです(笑)
ネタバレあり。


続きを読む »


新・9係(3) 第2話

新・警視庁捜査一課9係(season3) 第2話「殺人バースディ」


矢沢さんのセリフじゃないけど、青柳主任ちっちぇぇぇぇ(笑)
一人でイライラしてる村瀬さんといい、どっちもどっちですね( ̄▽ ̄;)

あぁ、やっぱり倫子ちゃん可愛いなぁvv
口では気にしてない風を装ってても、係長のこと気がかりなのがバレバレです。
いつの間にか公式でも浅輪君の恋人扱いされてるし、最近は彼と一緒に居るとき本当に嬉しそうなので、シリーズ初期に鬱陶しがってたのがウソのようです。
昔の浅輪君は軽くストーカー入ってましたもんねぇ(笑)

事件については、犯人の言う通り思いっきり「賭け」でしたね……
被害者は拒食症になるくらい精神状態が不安定だったのだから、一番幸せだったときのことを思い出して無意識にケーキに手が伸びても、確かにおかしくはないのだけど。
犯人は、証拠の品が消えたことについて、どう思っていたんでしょうね?
単にラッキーだったとしか思ってなかったのかな…(ー_ー#)

青柳主任には、是非とも今シーズン中に成長して貰いたいものです。
今さら立場再逆転とか、勘弁して!
……村瀬さんには気の毒だけど。でもまぁ、彼にも成長の余地があることだし(苦笑)

HUNTER×HUNTER(28)

先日「HUNTER×HUNTER」第28巻を買いました。
……前巻が出たのが、2009年末か……。これだけ間が開いても、とりあえず新刊が出ることの方が逆にスゴイ(?)です。
一応まだ描く気は(ちょっとでも)あるんですね、冨樫先生…(;^_^A

では感想です。ネタバレありなのでご注意を──

続きを読む »


新・警視庁捜査一課9係(season3)

新・9係(season3) 第1話「消された女刑事」


村瀬主任が14係の係長になり、青柳さんが9係の主任になり、9係に新人刑事も入って心機一転スタート!!

……と思いきや、びっくりするくらい素早く村瀬さんが9係に戻って参りました(笑)
どうせ今期中に戻って来るだろうとは思ってたけど、いくらなんでも予想外だなぁ。最終話近くまで14係のまま引っ張ると思ってたのに!(^▽^;)
青柳さんは主任のままみたいだから(…彼は何の失態もしでかしてないから、そりゃそうだ^^;)、今度は村瀬さんがヒラ扱いになるわけね。本人不本意だろうけど(笑)

新人刑事君に加納係長の悪口を言われて、「娘です!」とハッキリ言っちゃう倫子ちゃんが可愛いです。
きっとまだ係長本人とはギクシャクした関係なんだろうけど、親子であることは普通に認められるようになったのね。
そして、新人君が速攻で根を上げた係長と、未だに上手くやっていけてる浅輪君スゴイ(笑)
いつも面白い青柳さんと矢沢さんのやり取りが、今回あまり多くなかったのがちょっと残念かな。……でも、冒頭の「付け髭」には笑いましたvv

次回も楽しみです♪

水戸黄門第43部スタート

水戸黄門の第43部が今日から始まりました。
なんだかいきなり江戸スタートだったけど、前シーズンのラストで江戸に来てたのかなぁ…?(全く覚えてない^^;)

仕官先を求めて5年間も家族と各地放浪してるサムライが出てきたけど、先日からろくな物を食べてないと言うわりには、血色が良く肉付きも良くて笑えました( ̄∀ ̄)
お内儀の「お尻つねり」が面白かったです。セリフはさほど多くなかったけど、しっかり者の奥さんという感じが伝わってきました。
その奥さんに諭されて、思わず素直に「はい」と言っちゃう旦那もカワイイv(笑)
……そう言えば、息子が7歳だから、あのちいちゃい妹は5歳前後なのかな? セリフが一つもなかったのは子役が小さ過ぎるせいなのでしょうか…(^-^;

御老公一行については特に言うことはないです。
今までと役割&性格の違う助さん格さんにも慣れたし。
あ、そう言えば、楓は随分娘らしくなりましたね~。前42部が始まった頃とはえらい違いです(笑)

とりあえず、43部も(突っ込みつつ!)まったり視聴しよ~っとv

2012年実写化

先日ニュース見てビックリしました。
「るろうに剣心」を実写映画化って……マジですか!( ̄□ ̄;)

いや……あのね、あのトンデモ時代劇バトル漫画を実写化って……何考えてんだ!?って言いたくなりますよ本当に。
作品自体はとっても面白くて好きだったけど、あのド派手な戦闘シーンは漫画だからこそ出来るわけであって、DGフル活用しない限り実写で描くなんて到底無理でしょ。
生身の俳優さんがワザ名叫んで回転したりしたら、どんなシリアスシーンであっても笑える自信がありますよ(爆)
それとも、大筋は原作に沿いつつ、殺陣はおとなしめにするのかな?

その他の懸念は配役ですかね。
主演は発表されたけど、他はどうなるのかな~と。
第一、原作のどのエピソードを使うのかにもよるし。私の好きな巴さんは……出ないだろうなぁ、きっと(笑)

とにかく、昔大好きだった作品なだけに、実写化されるとなるとやはり気になっちゃうわけです。
ハリウッド版ドラゴンボールの例もあるし、単なるネタ作品で終わりそうな気がしてコワイ…(;^_^A