るろうに剣心 伝説の最期編

観て来ました!
いやぁ、良かったです。面白かった!(≧▽≦)
ぶっちゃけ前編(京都大火編)観たときは「悪くはないけど、一作目よりは落ちるなぁ~…」とか思ってたので、この後編もちょっと心配してたんですが、杞憂でした。
原作のエピソードを組み合わせつつ、上手くまとめましたね。前回で煉獄を沈めないのはなぜだろうと思ったけど、決戦の場を東京に持って来るためだったとは…。
ただ、相変わらず説明不足な点はあるので、原作未読の方には厳しい面があるかもしれません。

以下、感想です。ネタバレあり。

続きを読む »


実写ぬ~べ~の件

10月放送開始の実写ドラマ版「地獄先生ぬ~べ~」。
なんでこんなに引き延ばすんだろう!?ってくらい、出演者情報が数日おきにパラパラと出て来てましたね。
先日はついに、ゆきめや生徒たちのキャスト発表。主要キャラはこれで出揃ったのかな?
……って、え! ゆきめ役って日本人じゃないの!?(驚)

それはともかく。
ぬ~べ~原作(漫画)は大好きなんですよ、私!(〃∇〃)
たびたび路線変更があって、連載終盤頃はちょっと作品的なレベルが落ちかけてたけど、でも面白い話、心に染み入る話も多いし、本当に良い作品だと思ってます。昔は超怖かったホラー回も、今になって読み返すと(展開を知っているからか)当時ほど怖くなくて、純粋にストーリーを楽しめるし。
──とは言っても、なにしろ霊能力者が妖怪や霊現象と闘うストーリーですからね…。かつてアニメ化されたしアニメ映画も作られたけど、さすがに実写はハードル高過ぎじゃなかろうか…(;一_一)
ドラマでいちいちワイヤーアクションなんてしないだろうし、戦闘シーンはCGで誤魔化すのかな。まぁ、そもそもヒト型以外の妖怪は皆CGだろうけど。

主演のぬ~べ~役は、ジャニーズの人ですか。ぶっちゃけ、見た目が………ぬ~べ~っぽくない!(きっぱり)
顔付きが似てる似てないの話じゃなくて、運動神経抜群でスポーツ万能な感じが全然しないって言うか…。あくまで現時点での見た目の印象ね。髪型がイマイチ大人っぽくないせいもあるかも?
あと、鬼の手が意外と地味ですね。原作イメージより小さめだし。なぜだろう?? こういう切り札的な物って、目立たせてナンボだと思うのですが。

そうそう、原作ではぬ~べ~は小学校教師だったのに、ドラマ版は高校が舞台だそうで。
うぅ~ん……。郷子の暴力女っぷりとか、広の超絶おバカ具合とか、その二人のラブラブなとことか、美樹のトラブルメーカーな女王様っぷりとか、不良な克也とか、とんでもなく弱虫なまこととか……かなり個性の強いメンバーが多いけど、それは彼らが小学生だから微笑ましく思うのであって、高校生が同じようなことしたら視聴者が引くような気がしてならないです。ハイ。
さすがに原作そのままのキャラ設定にはならないとは思いますけどね。でも、変更されたら変更されたで、不満が出て来るんだろうなぁ…。
教師陣は、高校に変更ってことでぬ~べ~が国語、リツコ先生が化学、玉藻先生が家庭科を教えるそう。……か、家庭科!? 玉藻が!?Σ( ̄∇ ̄|||
てか、玉藻は保健室の校医の方が良かったんじゃないかなぁ…。今更だけど。

地獄の鬼である覇鬼にもキャスティングされてることにビックリです。
てっきりフルCGかと思ってたのに、特殊メイクとは。なぜそんなメンドクサイ方面に進んじゃったんだろう(苦笑)
しかも、ニュース記事を読む限り、覇鬼の設定が変えられてるっぽいんですよね。「小姑」みたいに、ぬ~べ~にアレコレ言ってくるらしい。マジで!?
本来なら終盤近くまで覇鬼のセリフは出て来ないはずなのに……鬼の手の封印にまつわるエピソード、改変しちゃうんだろうか…。そもそもアヤツは、ネチネチ言うタイプじゃないんだけどな。むしろ清々しいくらいにバ(以下略!)

ゆきめさんは大好きなキャラなので、ドラマでどう描かれるのか超不安です。
なんか、原作以上に激しい性格にされそうで…。
リツコ先生も、公式サイトの人物相関図でぬ~べ~のこと「大嫌い!」って書いてるけど、これも必要以上に強調されそうで怖いです。胸中ではぬ~べ~(てゆーか心霊現象)のことが苦手でも、普段はにこやかに話し掛けてくれる大人な女性なんですよ、彼女は。


ところでこのドラマ、1クールでしたっけ?2クール?(覚えてない)
恐らく10話前後だろうけど、無限界時空のおっちゃんまで出してるヒマあるんだろうか。
まぁ今後も色々と情報が出て来そうですね。
個人的には、正直このドラマ化にほとんど興味はないわけですが(爆)、でも話のタネとして初回は観てみようと思ってます。コメディ寄りっぽいし、面白いと嬉しいな!( ̄∇ ̄ゞ

ちなみに、連載再開したNEO版はまだ未読です。再開前の読み切りは読んだけど。
早く1巻発売されないかな~♪(こっちの方が楽しみvv)