ルパン・エチュード(1)

今日たまたま本屋に寄ったらコミックスの新刊コーナーに目を惹かれる表紙が。
よく見たら岩崎陽子先生の本じゃないですかー!(めっちゃファン)
しかも<1>って書いてる。読み切り短編集じゃない。シリーズ物だ~!\(^O^)/
新連載始まってたのですね。最近ほとんど漫画読まないから知らんかった。しかもこの日が発売日。
良かった、今日気付かなきゃ2巻に持ち越すところでした。

タイトルは「ルパン・エチュード」。
新解釈のアルセーヌ・ルパン物だそうです。
早速読んでみたら、かなり設定が斬新でした。ルパンとラウールが別人格とかビックリ。
あぁしかし懐かしいなー、ルブランのルパン。小学生くらいの時に全集を読みまくってたのを思い出しました。それに影響されて、一時期言葉遣いがおかしかったですもん私。上流階級の御婦人方に憧れて、「わたくし」とか言ってたし。もちろん家の中だけで(笑)

岩崎先生のラウール君、可愛いけど感性が独特過ぎて付いてけない…!(;^_^A
全ての生物が同格っぽいのが面白いです。「悪意」センサーとか凄い。
アルセーヌはカッコイイなぁ。制限付きでしか表に出られない設定だけど、そのうちもっと自由に出られるように……ならないだろうな。うん。でも「怪盗ルパン」の名前は広まりそう。
この先ラウールがアルセーヌの存在を知るエピソードが来るのは確定でしょうけど、あのラウールならあっさり受け入れる気がしてならないです(笑)
苦労症のエリクさんは頑張れ。

とにかく、相変わらず絵が綺麗です。カラーも美麗。さすが!
次巻予告にカリオストロ伯爵夫人のカットがあったので、大幅に設定変更しつつも「事件」は原作に沿うような感じで進むのでしょうね。
と言いつつ、ぶっちゃけルブランの原典は忘却の彼方なので、ルパン・エチュードを読みながらぼちぼち思い出していきたいと思います。
続きも楽しみですvv(〃∇〃)

コメント

コメントの投稿


URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する